2013.07.31(水)
カテゴリー:動画

EGエクストリーム詳細

先日公開されたEGエクストリーム。
場所は和歌山県の合川ダム。

 

 

合川ダムを訪れるのは3度目。

まず、今現在のフィールドのコンディションを確かめるため、
朝の早い時間帯に表層を意識しているバスをウエイクマジックで狙いながら
バスの居場所を「目で確認していく」という釣りで「全体を見る」という作業を行って
いきます。

この日は、中流~下流域は数日前の雨の影響でかなり濁りが入っていたので、
水がクリアーでバスの姿を確認できる上流域を中心に釣りをすることにしました。

 

 

まだ早い時間帯だったので、バスを見つけても
深追いをせず、チャンスがある時だけ狙う」ことにして上流へ・・・

ベイトや地形を確認、そしてバスの姿も数匹確認。
その中に明らかにいいサイズのバスを発見。

始めはスルーしようと思ったのですが、
そのバスが「」を向いて動き出したので狙うことに・・・

 

 

喰わせの必殺C-4ジグ+C-4シュリンプをキャスト。
きっちりとボトムを取り、喰わせることに成功したのが
写真の55cmを超えるグッドサイズのバスでした。

 

 

その後、ダム全体を見てまわり明らかにバスが多かった
「最上流一歩手前のバスが休めるスポット」を
サイトフィッシングで狙っていくという展開になりました。

 

 

 

ロッドはヘラクレス・ソリッドセンサー61ULST。

写真や動画での曲がり方を見てもらえば解るように

・操作しやすい繊細なティップ
・バスがルアーを咥えた瞬間にフッキングへ持ち込めるベリー
・バスを引き寄せるための強いバット

を持った「僕のサイトフィッシングにはなくてはならないロッド」です。

 

 

サイトフィッシングでは魚を見つけることは勿論、
一撃で仕留めるために必要なのが、キャストの制度、食わせのための繊細なアクション。

繊細なティップと6フィート1インチというレングスが、
スピーディーで正確なキャストとルアー操作を可能にしてくれたことで
僕のサイトフィッシングという釣りをレベルアップ」してくれました。

 ロッドの操作方法やフッキングのタイミングなどに注目して、
この動画を見てもらえればと思います。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.07.23(火)
カテゴリー:トーナメント

TOP50第3戦終了

霞・北浦水系で行われたTOP50第3戦。

 

 

結果は26位。

折り返し地点となる第3戦は、その年の自分自身の勢いや年間のレース展開を
確かめるためにもちょうどいい試合でもあります。
プリプラクティスは[いつも通り」という感じでした。
狙いは足の速いフィーディング系のバス。

 

 

僕の中では、居れば食うと思うのが、このフィーディング系の動きの速いバス。
釣るのは簡単なのですが、見つけ出すのが難しいバス。
しかし、群れを捕らえることができたら確実に上位を狙えるので、
試合で狙いたいバス」なのです。 

 

 

一番重要だったと思ったのは「」。
この水系は風がよく吹き、荒れることが多く、
広大な水系なのですが実際に釣りができるエリアは限られてきます。

 自分が行きたいエリアが、この風のせいで潰れてしまうこともあり、
そのことを踏まえての戦略が必要でした。

 

 

しかし、今回はこの天候を味方にすることができなかったということ・・・
いや、「しなかった?」ということが、成績に表れていると思います。 

こういった状況を味方につけるというのが、以前も書いた「その時を釣る」ということでもあり
その日の状況を的確に判断することが何より重要だということです。

 

 

今の気持ちは上の写真のような感じです。
自分を信じての結果ですから「まあまあ凹みます」。 

 

EGエクストリームが本日配信開始です。 コチラからどうぞ!

詳しいことは、次回のブログで・・・ 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.07.11(木)
カテゴリー:プラクティス

プリプラ終了&EGエクストリームロケ報告

プリプラクティス

霞・北浦水系でのプラクティスが終了しました。

今回のプラクティスは10日間。

 

 

朝の準備。

 

 

ボートを降ろして、

 

 

出船。そして、

 

 

「答えを探す」という日々です。

 

 

昼寝?

これも夏のプラクティスでは重要です。
長時間、炎天下での釣りは体力の消耗が激しいので、集中力を保って
プラクティスを続けるためには日陰での休憩は必要です。 

 

広大な水系で毎日「何かを見つけ、感じ、考え、答えを探す、」ということを
追い続ける日々は楽しく、10日間連続のプラクティスで疲労はありましたが、
徐々にこの水系のバスに合っていく感覚」もあり「心地よい疲れだった
という感じです。

 
EGエクストリームロケ
 
霞のプリプラから帰ってすぐに
EGエクストリームのロケに行ってきました。
 
 
 
 
場所は合川ダムです。
 
 
 
 
クリアウォーターでのサイトフィッシングです。
 
得意技を使っています。
 
詳しくは、次回のEGエクストリームで・・・ 
 
 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.07.01(月)
カテゴリー:プラクティス

霞・北浦プリプラ中

TOP50第3戦のプラクティス中です。

 

 

本湖側の水位が高く横利根川にある水位調整の水門を
通過して出撃です。

この水系では、このような水門や水路が多くあリます。
トーナメントではエリア外なので釣りはしていませんが、プライベートで行けばかなり
楽しそうです。

 

 

待機中。
通過に15分ほどかかりますが、他のフィールドではなかなか体験できないので、
珍しく?楽しみながらのプラクティスです。

水位の増減も激しく、1日に20cm近く減ることもあり
バスの動きも日替わり」ということが多いですが、それがこの水系の特徴でもある
ので「対応」していきたいところです。

 

 

広大な湖でのバスフィッシングは楽しい。

今日もまた可能性を求めてプラクティスです。
 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.06.19(水)
カテゴリー:タックル

準備

TOP50第3戦(霞ヶ浦・北浦)の準備中です。

広大なフィールドになるので、ボートの点検、タックルの選択、
ルアーの補充・製作など、プラクティスを行う前にもやることは山積みです。

特に気を使うのが「タックルの選択」。

この水系独特のシャロー・マッディーウォーターの釣り、
そして「バス(湖)の癖」を考えると、このタックルの選択はかなり重要になります。

 

 

ロッド・リール・ライン・ルアーを、「僕のイメージするシチュエーション」に
合わせてセットしていきます。

その後、プラクティスの進行具合に応じて、「何か気が付いたこと」があれば
その度にロッドとリールの組み合わせやラインの太さなどを変えていきます。

 

 

今回、霞ヶ浦・北浦戦の プラクティスで用意したタックルは20セット以上。
できれば今回のプラクティスで「数本に絞り込みたい」というのが本音。

 

 

僕がメインで使っているベイトリールは「レボエリート、レボLTX・LT」。

実はギア比やスプールの大きさなど、それぞれの用途に合わせて変えてある
「カリカリにチューン」されたリールたちです。

唯一同じなのはハンドルの長さが「92mm」だということぐらい。
この「ベイトリール」については、またいつか詳しく書きたいと思います。

来週には出発です。 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません