1 2 3 4 5 6 41
2019.04.22(月)

マスターズ第2戦 ブラッシュレーサ&リチウムバッテリー

三重県三瀬谷ダムで開催されたマスターズ第2戦
終了しました。

総合成績は46位・・・

初日ノーフィッシュ
2日目3匹924g

1匹が大事な試合でやはりミスは許されないですね。

 

 

ここ数年マスターズ第2戦は三瀬谷ダムで開催されています。
年に一度使用するアルミボートを準備することから始まります。

チャージャー198エリート、サウザー395、クインとレックス12と
3台のバスボートを試合で使用しています。

 

 

今となっては必須アイテムとなったライブスコープも
アルミボートに取り付け。

 

 

昭和電機さんにブラッシュレーサ36vリア仕様を用意して
いただきました。(昭和電機ブラッシュレーサ

本来はTOP50開幕戦の弥栄ダムで投入しようと思って
いましたが、減水のため七色ダムへ変更になり
今回のマスターズ三瀬谷戦で初投入となりました。

 

 

更にリチウムバッテリーも用意していただきました。
エヴォルテック社のグリーンライン12225 12v75Ahを
豪華に6台、これでも普段使っているバッテリー3台くらいの
重さしかありません。

やっぱり軽いです。

えー・・・値段は・・・です。
さすがに自分で用意することはできません!!!

昭和電機グループ様には万全の体制でサポートして
いただいています。

興味がある方は調べて下さい。(エヴォルテックジャパン

 

 

実際使用したインプレですが、ブラッシュレーサ&リチウム
バッテリーは今まで使用していた前後24v仕様のエレキより
かなり速かったです。

試合初日のスタート競争では1番でした。
(TOP50ではそうはいきませんが・・・)

 

 

ホテルへの持ち込みも軽くて楽、充電も1~2時間で終了。
使用後に電圧をチェックしても13v前後を常にキープして
いるので後半のスピードが遅くなるという感じはなかったです。

 

 

ということでインプレをしたところで試合は終わりましたが(笑)

今後、開催されるかもしれないエレキ戦で使用する
ブラッシュレーサ&リチウムバッテリーは有利になることは
間違いなさそうです。

次に使うのが楽しみです。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2019.04.09(火)

TOP50開幕戦 ゲーリーインターナショナルCUP

2019年TOP50開幕戦 ゲーリーインターナショナルCUP
終了しました。

 

 

 

総合成績は9位で終了。
2日目にキャッチしたバスが、ビックフィッシュ賞を獲得しました。

 

 

七色ダムではいつもお世話になっているTs-on
プラクティスから試合までお世話になりました。

 今年からプラクティスに関するルールが少し変更になり
開幕戦のオフリミットは直前の1日のみ 、プラクティスも
考えながら行わないと湖に対して相当なプレッシャーが
かかってしまいます。

 

 

 

3月末日から始めたプラクティス。
まだ気温、水温も低く防寒着を着ないと耐えられない
くらい寒かったです。

4月に入り気温も上昇、桜が一斉に開花しました。
七色ダムのバス達も動き出した様子でした。

 

 

馬力制限のあるフィールドで使用しているサウザー395は
15年程使用しています。
そろそろ限界なのかトラブルが多くなつてきました。

パーツ系のトラブルは慣れたものですぐに交換。

エンジンも調子が悪かったですね・・・

 

 

試合の朝、いつもながら開幕戦は緊張します。
朝は冷え込んで5℃程、日中は20℃近くなる予報でした。

今回狙っていたのが、会場付近から西ノ川までの間を
キーパーバスを拾いつつ600g~1000gのバスを
バスエネミー3.5ネイルリグで狙っていました。

 

 

が、そんなに甘くはない・・・
明らかにバイトは少なくバスが移動してしまっているのに
必要に追いかけてしまい大苦戦・・・

 

 

初日はチビキーパーのみ5匹1366g29位でした。

 

 

2日目、昨日反省をしながらタックルをセッティング
している時に何気にワッキー掛けにセットした
ラストエース75。

表層を意識したバスに狙いを変更しキーパーバスを
釣りつつバスエネミー3.5でサイズを狙いました。

 

 

時間は12時前、小規模なサンドバー水深5mを
ズル引きしていたバスエネミー3.5ネイルリグに
小さなバイト。

フッキングした瞬間「根がかり?」と思うくらいびくとも
しない反応。
曲がったロッドが「グン!」となった時「デカイ!」と確信し
やり取りを開始。

すぐに今回から導入したライブスコープで周りに立木が
ないか確認しドラグを調整して無事にランディング
できました。

久し振りに手が震えるバスでした。

2日目は5匹4715g4位、暫定7位で予選通過しました。

 

 

決勝の朝、昨日の1匹に助けられた感じですが、
戦略は変えずにラストエース75とバスエネミー3.5。

 

 

エンジンの調子が悪く近場でとなりましたが、
ラストエースとエネミーで3匹キャッチしました。

 

 

最終日は3匹1938g11位、総合成績9位で開幕戦を
終えました。

応援していただいた皆さんありがとうございました。

 

 

ビックフィッシュ賞を獲得したバスエネミー3.5。
がまかつLDマスター3/0をセットした0.45gのネイルリグでした。

ロッド:FACT 511MHST
リール:レボMGX 2500
ライン:バスザイルR 6lb
ルアー:バスエネミー3.5 #73
フック:LDマスター3/0

ロッド:FACT 61ULST
リール:ステラFW 2500
ライン:バスザイルR 3lb
ルアー:ラストエース75 #57
フック:セオライズ ハンガーFC-L #6

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2019.02.06(水)

フィッシングショー 

 ジャパンフィッシングショー&
フィッシングショーOSAKA閉幕。

 

 

エバーグリーンブースへお越しいただいた皆様、
ありがとうございました。

フィッシングショーは楽しんでいただけたでしょうか?

毎年、足を運んで声をかけて下さる方々と
お話ができて「実は」楽しみにしています。

 

 

FACT2019年新製品はグランサーチャー55と
フラップクロー3.3インチ。

どちらも今ある製品をサイズダウンさせたものですが、
サイズダウンさせるだけでなく細かな部分など見つめ直し
開発しています。

 

 

また、2日間セミナーをさせていただきました。
参加していただいた皆さんありがとうございます。

参考になったでしょうか?

 

 

ジャパンフィッシングショー2019閉幕。
関東のみなさんまた来年お会いしましょう。

                            

 

 

主催・大阪釣具協同組合によるフィッシングショーOSAKA
オープニングセレモニー。

2019年は来場者数59,636人。

 

 

大阪でも2日間セミナーをさせていただきました。

内容は普段絶対言わない僕のバスフィッシングの考え
について。(話せる程度ですけど・・・)

今回の話はまあまあシークレットな内容でした。

参加された皆さんは試してください。

 

 

途中、パワハラにあいセミナーに強制参加!(笑)

楽しいパワハラもあるんです。

 

 

フィッシングショーOSAKA2019閉幕。
関西のみなさんまた来年お会いしましょう。

 

※お知らせ

お気付きになられた方もいると思いますが、
2019年FACT新製品にロッドはありません。

昨年発売されたFACT66MLで開発の方は終了
しました。

販売されなくなるという事ではないので、
ご了承下さいますようお願いいたします。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2019.01.15(火)

ZPI

 

2003年JBワールド(現TOP50)シリーズ第4戦
芦ノ湖。

オフィスZPI代表加藤さんから「どんなリール使っているの?」
「よかったらうちがチューンしたリール使ってみない」と
声をかけていただいたのが、長年にわたりスポンサード
していただくきっかけでした。

しかし、2019年度よりリールチューニングパーツメーカーから
釣り具の総合メーカーへと業態変更されるということで、
2018年をもちましてスポンサー契約を終了することに
なりました。

 

 

自分専用にカリカリにチューニングされたリール・・・

使用するルアーによってロッドを使い分けるように
リールもルアーに合わせて使い分けれるよう微妙な
セッティングをしていただいていました。

 

 

試合で使用するロッド、リール、ルアーは
すべて「一軍」のモノを使いたい、余計なストレスは
なるべく排除したい。

とくに、一日中キャストを繰り返すリールにはキャスト時の
「自分の癖」なども取り入れてもらったセッティングをして
いただいていました。

 

 

「個性や性格」があるリールをひとつひとつ仕上げていただき
「僕自身のバスフィッシング技術の成長に大きく貢献してくれた」
こということは間違いありません。

 

 

また、僕のわがままを聞いていただき、すでに製造が終了
しているリールのカスタムパーツの販売。
オーバーホールと修理もしていただきました。

 

 

優勝をはじめ多くの上位入賞に貢献してくた
「ZPIチューンリール」。

長年にわたりスポンサードしていただきありがとうございました。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2019.01.09(水)
カテゴリー:トーナメント

JBクライマックスエリート5 2018

2019年1月3日に釣りビジョンで放送された
クライマックスエリート5 2018 福島健
~5度目の正直~

 

 

結果は3位。

早野選手の優勝で2018年のクライマックスエリート5は
終了しました。

5度目の正直ならずでした・・・

 

 

エリート5は番組を作るディレクターとカメラマンが同船し
TOP50シリーズ年間上位5名の選手で戦う特別な試合。

そして「理想の勝ち方」というものを強く意識する試合でも
あります。

プラクティスでは最上流から最下流までチェック。

そして、キーとなるバスを探しました。

水温の低下、リアクションじゃないと食ってくれない
という展開が理想で、旧吉野川下流域でワイルドハンチで
釣った2キロ近いキッカーバスが今回の試合展開に大きく
影響することになりました。

 

 

試合初日。

リミットが揃えば爆発的なウエイトになるが、
3匹でも相当なウエイトが期待できることから
朝からキッカーバスだけを狙う展開へ
(TOP50やその他の試合ではまずないですけど・・・)

 

 

下流エリアで巻きというのが今回の理想の勝ち方。

1匹目700gクラスを掛けるもスレ掛かり・・・

2匹目1800gキッカー!!!

3匹目1400gクラスをまたスレ掛かり・・・

この日は「運も実力のうち」と自分に言い聞かせることしか
できませんでした・・・

 

 

トレーラーウエイン
初日は1868g1匹で終了。

 

 

そして2日目。

逆転するためにはそうとうなウエイトが必要、
この日もキッカーバス狙いのみの展開。

 

 

クランクベイトへの反応は思っていた以上に悪く
少し戦略を変更。

 

 

チャターベイトで更に浅いレンジを狙い1600g、
バスが多く見えていた中流で1300gをスモラバ
で釣って終了。

 

 

エリート5といえばバスボートを並べての仁王立ち・・・

 

 

2日目は2匹2928g
2日間で4796g3位でした。

 

今回、5度目となった「クライマックスエリート5」
またしても優勝には手が届きませんでした。

最高の勝ち方を追及したために周りを見なかった
というのは事実で、「ハイリスクハイリターン」であることは
僕自身も分かっています。

エリート5はその時の最高の勝ち方で勝ちたいと
思うようになりました。
「勝てれば最高の試合になり、敗ければただ敗者となる」
自分が納得できる「負け方」というもエリート5では必要だと
思っています。

TOP50シリーズや他の試合ではなかなかできることでは
ないですけど・・・

また挑戦したいと思います。

 

 

2日間でメインとしたタックルは3セット。

 

 

ロッド:FACT 66ML
リール:スティーズ ZPIチューン
ライン:バスザイルR14lb
ルアー:ワイルドハンチ
フック:がまかつトレブルRB‐M(ナノスムースコート)

 

 

ロッド:FACT 65M
リール:スティーズ ZPIチューン
ライン:バスザイルR12lb
ルアー:ジャックハンマー10g C‐4シュリンプ4.2

 

 

ロッド:FACT 511MHST
リール:レボLTX ZPIチューン
ライン:バスザイルR10lb
ルアー:C‐4ジグ2.7g フラップクロー3.3

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
1 2 3 4 5 6 41