1 2 3 4 5 6 53
2024.06.21(金)

JB TOP50第2戦 弥栄湖

弥栄湖で開催されたJBTOP50第2戦
東レ・ソラロームCUP終了しました。

最終成績は22位で終了。
何とも言えない結果・・・

 

 

弥栄湖では動力はエレキのみなので
七色戦後にサウザー395のエンジンを降ろして
ボートをセットアップしプリプラクティスから
準備をしてきました。

直前の状況はというとサイズがいいアフター回復
スクールか安定して釣れるもののサイズが選べない
キーパー狙いかといった感じ、初戦の予選落ちから
気持ちは「まずは・・・」といった弱い気持ちに・・・

 

 

試合初日、美和方面ですぐにリミットし少し入れ替え
アフター回復狙い。

「弥栄のバスは力強く良く走る」というのは
わかっていたのにデカイやつをブレイク・・・

 

 

初日、1,484g24位スタート。

 

 

2日目、昨日と同じ様な展開でキッカーサイズは
入らず・・・

 

 

2日目、1,708g19位予選21位で通過。

 

 

決勝は朝から雨・・・

 

 

良く言う雨パワーは感じられず・・・

 

 

最終日、1,518g13位最終成績は22位で
終了しました。

いつも応援していただいている皆様、
ありがとうございました。

 

 

優勝は山岡選手、準優勝にはEG海輝が入りました。
おめでとう!!
海輝は得意のラストエースのホバスト。
詳しい内容は本人のSNSをチェックしてみて下さい。

今回の優勝者である山岡選手とは古い付き合い、
「山岡らしい釣り」で優勝でした。
これは、おめでとう!の次くらいに言われたら嬉しい
最高の言葉かも!?

「らしい釣り」で勝ちたいもんです!!

 

 

メインはFACT・C‐4ジグ(シークレットスモーク)
C-4シュリンプ(生エビ)手もぎチューン

 

 

ジャックハンマーにラストエース128S
ギズモ(バッタ)

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2024.04.01(月)
カテゴリー:トーナメント

JBTOP50開幕戦七色ダム

JBTOP50開幕戦が終了しました。
結果は35位・・・予選通過できず終了。

結果が良い時も悪い時も
このブログを書き続けていますが、
散々な結果に終わった試合を振り返り
パソコンに向かう・・・

一番やりきれない時間でもあります。

 

 

いくつになっても開幕戦というのは
「期待と不安」で緊張してしまいます。

試合でのこの緊張感がたまらないん
ですけど・・・

 

 

七色ダムで20年以上お世話になっている
ティーズオン
今回もランチング、充電とお世話になりました。

169号線の土砂崩れ通行止めの影響でお客さんも
少ないようです。
ちなみに京都から三重県経由で高速道路と
無料バイパスで3時間半くらいで、いつものルートと
時間は変わりませんでした。

 

 

遠征先ではビジネスホテルの利用が多いのですが
七色戦ではタケ早野、コバ小林、ケン福島の3名で
清流の宿かわせみで民泊を利用しています。
食事に行く時間がもったいないという理由で
食材を買い出し自炊共同生活。

言い出した僕が料理の腕をふるいたいところですが
ロッド・ルアー以外は全く作れません・・・

 

 

朝昼用おにぎりサンドイッチ弁当
ボクはラップにくるんだだけですけど・・・
共同生活の良い所。ありがとう!

 

 

公式プラクティスからSDGマリンサポート班が
会場入りしていてくれてプラクティス中の非常事態に
備えています。
心強いサポートです。

今回は急遽NBTマリン16インチから22インチへ
アップグレードしていただきました。
詳しくはコチラ

 

 

肝心の試合の方はというと・・・
初日ノーフィッシュで終了。

何も言えません・・・

 

 

2日目。
何とか予選通過しないと後がない
落ち着いて狙っていくも合わせきれず
時間だけが過ぎていく・・・

 

 

カバーで2匹 2,148gで予選通過ならず・・・

やはり序盤のミスというのがこういう時には
左右されるもので、こんなことをしていてはダメ
ですね。

 

 

僕にとって最低な試合でしたが嬉しいことが!

EGチームの永遠のTOP50初優勝です!
周りの仲間や同じチームの選手が優勝する
のは素直に嬉しいですね。

永遠おめでとう!!!

 

 

がっちり握手!

まぁ、そのうち勝つと思ってたけどね!

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2024.03.23(土)

2024年シーズン開幕へ

久しぶりの投稿になります。

2024年JBTOP50シリーズが奈良県七色ダムで
開幕を迎えます。
何年経っても開幕を迎えるこの緊張感は
変わりません。

 

 

トーナメントを戦う上でこの「準備」というのは
大好きな作業。
ワクワクしながら時間を忘れて毎回没頭しています。

 

 

今シーズンからオフリミットが復活ということで
3月上旬七色ダムにプリプラクティスへ・・・

 

 

タックル、ボートセッティングなども確認しながら
1週間のプラクティス!
修正が必要だと感じるモノを把握することも
忘れずに!

 

 

七色名物?!ケン福島お弁当(笑)
ボクができる料理はこれが限界・・・
(レンチンなので料理ではない)

 

 

七色ダムのバス
また会いましょう。

 

 

七色プラ後はキープキャストへ
SDGマリンブースで2日間スタッフとして参加。
お越しいただいた皆様、
ありがとうございました。

 

 

話題のNBTマリン社のビックモニター
・デストロイヤー16インチ
・バトルシップ22インチ
16インチモニターは昨年末から導入していますが
22インチはまた別世界・・・欲しい

 

 

少しでも不安をなくすというのは絶対!
プラ中に異変を感じていたエレキを
SDGマリン・ビワコベースでオーバーホール
していただきました。
まあまあモーター中がやばかったようです・・・
ありがとうございます。

 

 

オフリミット中は毎晩、何かしらの作業を
行なっていました。
日常ですけどね・・・

 

昨日から七色入り!
このブログを投稿してこれから準備をしたいと
思います。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2023.10.17(火)

JBTOP50最終戦エバーグリーンCUP

2023年度JBTOP50シリーズ閉幕。

4月の奈良県七色ダムから始まったTOP50シリーズ。
最終戦の福岡県遠賀川で無事にシーズンを
終えることができました。

サポートしていただいているスポンサー様、
いつも応援していただいている皆様、
ありがとうございました。

 

 

最終戦となった「エバーグリーンCUP」。
プラクティスではストラクチャー依存型と回遊型の
バスを確認していましたが、一発の爆発力のある
護岸回遊型のバスを狙うと決め、いつも通りに準備を
して初日を迎えました。

 

 

七色ダム戦後から肘の調子がおかしい・・・
疲労がかなり蓄積しているらしくテーピングを
試したところめちゃくちゃ楽になりました。
もっと早く試せばよかった!

何をするにも様子を見るのが福島流・・・遅すぎる!

 

 

遠賀川はデッドスローエリアが長く上流エリアへ
行くには時間がかかるのとスタートが早かったので
朝一は上流へ・・・

 

 

笹尾川との合流周辺のカバーに入って
今回のメインルアー「スタビル」で丁寧に
何度も攻めました。

 

 

朝の2時間程で3匹のキロオーバーを運よく
キャッチしてメインとしている護岸回遊バス狙いへ。

しばらくしてスクールに出会い1500gと1400gの
バスを2投連続でキャッチしライブウェルに収めました。

このバスが狙いの回遊型。
いつどこで出会うのか・・・全く見当がつきませんが
僅か2分くらいの出来事、一瞬で3kg弱のウエイトを
叩き出せるハイリスクハイリターンな展開。
そんなバスを
探していくというのが今回のメイン
パターン。

その後1時までに2回の入れ替えを行い1200gの
バスをリリースした時点でこれ以上は自分の首を
絞めそうなのでストップフィッシング。

 

 

これ以上ない展開。
しかし不気味な展開。
なんか懐かしいような気持ちでもありました。

 

 

初日、5匹6、710gでトップウェイト!!

 

 

2日目。
狙うバスは決めているので初日と同じような
気持ちで迎えました。

 

 

初日と同様に上流からスタート。

 

 

覚悟はしていましたが「釣れない時間が過ぎていく」
ただ、焦りは全くない。
こんな展開になることが分かっていたような
自分自身の冷静さにビックリしました。

 

 

2日目ノーフィッシュ・・・

 

 

決勝当日の朝。
(怒ってるみたいですが・・・集中しているだけです)

 

 

朝は遠賀川へ来てから一番の冷え込み
昨日と状況が変わってくれるのが
唯一の希望・・・

 

 

この日も「決め打ちのケン」!!!

1時間あればいい・・・
10分でもいい・・・
いや2分あれば勝てると信じて・・・

 

 

最終日もノーフィッシュ・・・

バスプロとしては失格かもしれませんが、
一人の釣り人として勝負した結果なので
後悔はありません。
久しぶりに楽しく懐かしい試合展開ができ
記憶がなくなるほど集中している自分がいました。

この感覚を忘れなければ次は・・・

 

 

総合成績は5位。
最終戦を良い結果で終えれたので
悔しいですが良しとしておきます。

優勝は同じSDG‐Marineファクトリーチームの
山下君!!おめでとう!

 

 

年間成績は13位。
1年間応援していただいた皆様、
ご声援ありがとうございました。

 

 

2023年ワールドチャンピオンは「かじやん」!
おめでとう!!!

 

 

さて、今回のメインルアー「FACTスタビル」。
3日間これしかキャストしていません。
自分自身が作ったルアー。
その特性を最大限に活かして遠賀川のバスを
攻略しました。

 

 

まずスタビルの特徴ですが、リーダーレス
ダウンショットとラバージグを融合させてジグ
です。
フックとウエイトを交換できるシステム。
ワームサイズを選ばずセットできシンカーも
自由自在に選択できます。
フォール姿勢、ボトム姿勢を安定させ
浮き上がりを抑えたスイミングや垂直な
フォール姿勢というのが特徴です。

 

 

今回はスタビルのフォール姿勢に注目し
「釣れるフォール」を作りだしていきました。

キモは1.8gシンカー(RYUGI)とこの90度に
倒れる頭。
この面で水流を受けフリーフォールさせる
ことでナチュラルで不規則なスパイラル
アクションを演出するというというのが狙い。

軽いシンカーに変えたのは直線的な動きを
あえて避けるため。
トレーラーは比較的ボリュームがあるフラップクロー
4インチとベローズギル3.8インチ。
この2つをセットすることで見た目や微妙な
アクションの違いを使い分けました。

「スタビル」の可能性はまだまだありそうです。

 

 

今回、大変にお世話になったのが
ポイント八幡本店。

 

 

バッテリー充電と駐艇問題に悩まされましたが
株式会社タカミヤ様のご好意で遠賀川からも近く
ホテルにも近い良い環境が整った八幡本店で
プラクティス~試合までお世話になりました。

ありがとうございました。

 

 

今回のキーとなったフック・シンカーはここで調達。
色々なフックを試したかったので何度もお店へ・・・

釣り具店の近くに住みたい・・・

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2023.09.25(月)
カテゴリー:未分類

F1日本グランプリ

ずーーーっと観戦したいと思っていた
モータスポーツ最高峰の自動車レース
「フォーミュラ1」。

毎年スケジュールが合わず観戦を諦めて
いましたが、タイミングがあったので観戦する
ことに!

 

 

早々にチケットをゲットしてワクワクすること
数か月・・・ついにこの日が来ました。

 

 

開催サーキットとなる「鈴鹿サーキット」へ到着。
この日はフリー走行となる金曜日。
プラクティス1日目といったところでしょうか。
世界各国から多くのファンが押し寄せ賑わっていました。

金曜日は4万2000人が来場!

 

 

早速、観客席で待っていると目の前のメルセデス
エンジン動初!初F1サウンドに「おーーーーっ」
感動・・・

目の前を走るF1カーから聞こえるエンジン音や
車体を押し付けるダウンフォース?なのか風圧の音が
すごかった。

といった感じで感動の初日は終了。

 

 

2日目。
この日はフリー走行と予選。
F1開催と祝日ということもあり周辺のホテルは
どこも部屋は空いていません・・・

サーキットへは自宅から約2時間かけて車で通って
いました。
鈴鹿サーキット近くにあるREVIVEさんに車を
駐車させてもらい朝は送迎していただきました。

竹内君ありがとう!

 

 

目の前がTOP3チーム。
F1マシンにピット作業、
穴が開くほど見ていました(笑)

一眼レフカメラが欲しくなった瞬間です。

 

 

持ち物はサングラス、日焼け止め、目薬、
フリーズテック冷感ミスト。
一番よかったのは柏木さんに頂いた「SDGマリン・
バスキャット」ロゴが入ったイエティタンブラー。
朝自宅で氷を入れて帰宅するまで1日中冷たい
飲み物が飲めました。

 

 

せっかくなので空き時間に会場内を回ります。

日本人ドライバーの角田裕毅選手の応援
グッズを購入しようとショップへ。
レジでサングラスをしていたせいなのか?
外国人と間違われる・・・
ずっと英語で話しかけられるので



アー、カードOK?っと(外国人になりきる)
サ、サンキュー(小声)でショップを後に(笑)

何処の国の人に見えたのか・・・謎?!

2日目の予選が終了。

予選日の来場者数は7万9000人!

 

 

決勝当日。
朝からサーキットに行く人の長蛇の列!

ブルーインパルスの展示飛行も行われ
会場は大盛り上がり。

3日目にして完全にTSUNODAファンの人
完成です(笑)

 

 

いよいよレース開始!

F1はフジテレビNEXTで動画視聴していますが、
何時も見ていた情景が目の前に・・・感動!

 

 

何度も目の前を駆け抜けるF1カーを子供の
ようにずっと目で追っていました。

最高の3日間でした。

レッドブル・フェルスタッペン優勝。
決勝は10万1000人が来場!
3日間で22万人!やっぱりすごいねF1!

コメント・トラックバックは受け付けておりません
1 2 3 4 5 6 53