1 2 3 4 5 6 48
2022.04.11(月)
カテゴリー:FACT, 未分類

新旧?ラストエース168使い

「ラストエース168」

 

 

このルアー、FACTシリーズの中で間違いなく
一番使い手を選ぶルアー。
命を吹き込むことができるかできないかは
使い手のルアーアクションが全て・・・
ロッドワーク、ジャークの強弱、間など完璧な
要素が必要です。

そして、結構疲れます。

 

 

2013年旭川ダムで開催されたJB TOP50第2戦で
ビックフィッシュをキャッチしたのが、当時自作していた
ラストエースを巨大化させたモノ。

プリプラクティスで巨大なハスがバスに追われて
水面を飛び跳ねる光景を目撃「うわ!作ろう」と
試合までに急いで作り上げたのがラストエース168
でした。

この時はハスボイルを待っていつでもキャストできるよう
待機、ボイルが発生した周辺を168のハードジャークで
食わせるというものでした。

「168」という数字は当時の自作サイズをそのまま製品化、
思いで深い僕にとって縁起の良い数字です。

 

 

この試合での優勝は青木大介選手。
現在はB.A.S.S.エリートシリーズ参戦中
(陰ながら応援中)

 

 

そして、現れたのが青木選手が代表を務める
DSTYLE」のプロスタッフである青木唯選手。

昨年のTOP50最終戦でライブスコープを使用した
シューティングで優勝。
インタビューではラストエース168のワッキー掛けも
使用していたとのこと。

 

 

TOP50開幕戦の遠賀川では水中ジャークで
プリ雌を食わせるという168使いを見せつけられ
ました。

旧168使い(笑)としてはどのような人物か気になる
ところ・・・

水中ジャークねぇ・・・

 

 

今回のクラシックでゆっくり食事をする機会が
あったので、ラストエース会談をすることに。

気になったのが使用しているロッド。
僕はアクションを重視したルアーだけに素早い
ロッドワークができるFACT65Mを使用。

彼も同じ6フィート5インチクラスのロッドを
使用とのこと。

ラストエース168の核心となる部分は同じ意見。

開発者としてラストエースの誕生秘話や
チューニング方法やルアー製作の話などの
会話が中心でした。

 

 

速攻でラストエースの120くらいのサイズはないん
ですか?

そう言うと思って発売は未定で作っていた
ラストエース130を見せる。

 

 

プロトのラストエース130を見てニコニコのゆいP
新:「また勝っちゃいます」
旧:「わたさへんで!」

こんな感じでラストエース168会談は終了しました。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2022.04.04(月)
カテゴリー:トーナメント

JB TOP50開幕戦

2022年JB TOP50シリーズ開幕戦遠賀川
「ゲーリーインターナショナルCUP」。

 

 

本来のスケジュールでは弥栄ダム開催の予定
でしたが急遽変更、TOP50の前に霞ヶ浦で
マスターズ開幕戦というハードスケジュール・・・

バスボート戦からエレキ戦へのセッティング
変更の予定がなくなり少し楽になりました。

 

 

霞ヶ浦から遠賀川へ移動しプラクティスを開始。
1年ぶりの遠賀川、増水による地形の変化や
ポイントデータを確認しながら3日間の
プラクティスを行いました。

試合が近いということもありバス自体は釣り上げず
バイトだけを獲っていく予定が、バイトが遠い遠い・・・

正直お手上げ状態でした。

 

 

プラクティス3日目にはエレキがスピードダウン
のトラブル?
調べてみると1つのバッテリー残量が5V。

チャージャーを調べるとヒューズの接触不良と判明、
常日頃からトラブルシューティングを考えているので
交換し解決。

 

 

2日間のオフリミット。
まずはタックルの見直し、ルアー整理。

 

 

そして、気になっていた無塗装リールシートの
グリップ力の強化。

 

 

あとは、ゴロゴロしているだけです。
ゆっくり休息できました。

 

 

後半2日間のプラクティスも何事もなく終了・・・

 

 

そして、開幕戦初日がスタート。
プラクティスの結果、今回の戦略としては移動を少なく
「待つ」というもの。ここ遠賀川はすべてのエリアの地形・
沈みものなどは選手に知り尽くされている。
移動しても他の選手がすぐに入るといったことが多く、
エリアを休ませるなどの調整が難しい・・・
バスが差してくる上流エリアでのバス待ちという戦略。

初日、初めて1日中同じスポットへキャストを繰り返し
3匹、3,604g8位スタート。

 

 

2日目、上流は選手が多い、何とか空いている場所を
探し3匹、3,300g5位暫定成績5位で最終日へ。

 


 

バスが上がってくることを祈ってキャストを
繰り返しましたがノーフィッシュ。

辛かった最終日・・・最終成績は7位で開幕戦を
終えました。

応援していただいた皆様、
ありがとうございました。

 


 

今回ウエインしたすべてのバスを釣り上げたのが
C-4シュリンプ3.5インチ#11スカッパノン
ショートリーダーキャロのスイミング。

キモは「スイミングスピードと音」。

シンカーをボトムにコンタクトさせながら音で
気付かせ逃げていくテナガエビを演出するというもの。

スピードが遅いと根がかり早いとルアーが
回転してしまいます。
そこを絶妙なスピードで誘い続けることで
不安定で良いバランス」という状態を作り上げ
誘いました。

 

 

今江さんと血圧の話・・・

僕もそんな年齢です・・・

 

 

最後に昨年の最終戦に続きラストエース168で
プリ雌を仕留めた青木選手と少し会話。

ラストエース168は使いこなせる人が少ないルアー
確実に自分のモノにしているね。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2022.02.13(日)
カテゴリー:未分類, ㊙部屋

自転車

久しぶりの投稿になります。

毎年、この時期には横浜・大阪でフィッシングショーが
開催され、新製品の発表やエバーグリーンブースへ
お越しいただく皆さんと楽しくお話をしていましたね…

まあ、こういった状況では致し方ないと思いますが、
自粛、自粛、自粛の時よりかは少しましになったかなと、
これからどうなるか分かりませんが・・・

 

さて、2022年JBトーナメント開幕は3月霞ヶ浦で
開催されるマスターズ戦からスタート。

いつもオフシーズンに体力をつけるために
自転車によく乗っています。
とくに「足腰と体のバランス」を強化するには
自転車にはプラス要素があると思つています。

いつもは30km~40km位の走行でしたが、
何を思ったか今回は片道40km、往復80km
を自転車で毎日(1週間)を走行するという
ことに挑戦。

ストレスが溜まっているのか?自分自身、謎企画。

とりあえずやってみようという感じでスタート。

 

 

「相棒」

購入して10年くらい?のクロスバイクに
乗っています。

とくに大きな故障はありません。

 

 

いきなり自転車で80km走ったら口から心臓が
飛び出しそうなので、1月中は時間がある時に
8~10km位のウォーキングで慣らし運転。

 

 

いざ出発の日!
不安にかられてあっさりUターン(自分を笑う)

明日からがスタート・・・

 

1日目。

 

いよいよスタート。
休憩をとりながら順調に走行していく、
分かってはいたがお尻が痛い…

 

 

無事、嵐山・渡月橋に到着。
帰りのことを思うと嫌になる…

とはいえペダルを漕がないと帰れないので…

 

 

自宅~嵐山まで80kmの道のりでした。

初日は疲れたー

 

2日目。

 

スタート後すぐに昨日の疲れが押し寄せる。

行けるのか?昨日よりキツイ!

 

 

到着、自転車を倒してしまう…サイヤク!

さあ、帰ろう…

 

3日目。

 

少し慣れてきた!
ただ、お尻は相変わらずなので、サイクルインナー
パンツをポチる。

けど、使えるのは明後日から。

 

 

到着。

さあ、帰ろう…

 

4日目。

 

到着。

疲れはないが、お尻が・・・

この日はお尻との戦い、明日からはインナーパンツ
がある!

さあ、帰ろう…

 

 

夜は、ルアー製作&塗装。

 

5日目。

 

昨日会ったボリュームMAXで歌うおじいさんに
この日も出会う。

何年か前、利根川でもボリュームMAXで歌う
おじいさんに出会ったことを思い出す。

あの時はシャロー撃ちをしてたらいきなりだった
のでマジでビビった。

 

 

インナーパンツのおかげでかなり快適に
ただ慣れただけかもしれない・・・どっち?
と考えている間に到着。

さあ、帰ろう…雨?

 

 

雨ニモマケズ・・・

無言で黙々とペダルを漕ぐ…得意分野である。

 

 

この日は初パンク!

小さい穴だったので、空気を補充してとりあえず
帰ってこれた。

パンクをした時のためにチューブ交換の練習
をしておいたので作業はスムーズ。

 

6日目。

 

2月11日、建国記念の日。

快晴、快調!

 

 

だいぶ工事も進んできた。
明日で最終日。

さあ、帰ろう…

 

 

行きより帰りはなぜか順調、
たぶん、単純に帰路が近いからだと思う…

 

7日目。
いよいよ最終日。

 

この日は調子の乗って100kmを走行予定。
いつものように嵐山をめざし到着。

ここから45km先の京都八幡木津自転車道線
終点を目指す。

 

 

到着。

さあ、帰るか!

ということで最終日は100kmを走り切り自己満足!

 

 

1週間の走行距離は600km。
こんなに走ったのは初めて…そらそうや!

何気に始めたチャレンジでしたが
僕自身は楽しむことができました。

ただの自己満足ということで…終了。

 

 

もちろん毎日マッサージ!

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2022.01.01(土)
カテゴリー:未分類

謹賀新年

 

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

2022年 福島健

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2021.11.05(金)

JB TOP50第2戦「東レソラロームCUP」

広島県弥栄ダムで開催されたJB TOP50第2戦
「東レソラロームCUP」が終了しました。

最終成績は8位で終了。

応援していただいた皆様、
1年間ありがとうございました。

 

 

前回、弥栄ダムで11月に開催されたTOP50シリーズは
14年前・・・
当時使用していたアルミボート「クイントレックスV12」を
使用しての試合になりました。

 

 

11月ということもあり試合3日間は朝霧の中スタート。

6日間のプラクテスの結果、シャローでのギズモの虫&
ディープでのキーパーリミットパターン。

霧が濃い朝の時間は美和方面でキーパーを霧が晴れて
からは下流エリアで虫パターンという戦略。

今思えば美和方面のディープフラット船団の中、
とりあえずキーパーを」という考えがいけません
でしたね。
今後の自分自身のためにもじっくりと考える必要が
あります・・・

とりあえずという甘い考えのせいで無意味に取り返しの
つかない「貴重な時間」を試合中に使ってしまいました。

 

 

結局、美和で釣った1匹のキーパーのみ、
初日は402gで41位スタートになりました。

 

 

後がない2日目、この朝霧を利用し思い切った戦略へ

朝一、スタート順も良かったので最下流クリークへ
向かいました。
クリーク最奥のシャローフラットの水深は50cm程、
霧が晴れてからではボトムは丸見え(もちろんバスも)、
いつもは虫パターンは霧が晴れてからでしたが
晴れてからではプレッシャーも与え他の選手にも
入られてしまう・・・
この霧を利用すればバスに気付かれないのではと思い
クリーク最奥へ超スローにボートを進めました。

湖面に浮かぶ朝霧のためボトムは全く見えない・・・
狙い通りに静かにギズモで誘い最奥の超シャローから
1匹目1800g。

すぐにもう1匹追加し、ギズモでの虫パターンを
メインで本流筋、美和と流していきました。

そして、がんね白滝公園奥の岩盤で1500g。

 

 

2日目は3匹3,858g3位、
予選18位、暫定成績8位で通過することができ
ました。

 

 

最終日、タックルは5セット。

スタート後エレキトラブルで
会場へ一度戻り交換作業・・・

現地入りしていたSDG‐Marineサポートスタッフに
手伝ってもらいすぐに出発することができました。

 

 

この日は厳しく朝イチにミスしてから昼まで
ノーバイト。

昨日と同じがんね白滝公園奥で12時30分頃に
ようやく1匹目をギズモで・・・
この1匹のバスまでの時間は「無意味」な時間ではなく
「貴重な時間」に感じました。

 

 

最終日は1匹1,126g16位、
総合成績8位で終了しました。

これで2021年度のTOP50シリーズは終了
年間ポイントランキングは15位で終えました。

1年間応援していただいた皆様、
ありがとうございました。

サポートして下さるスポンサー様
エバーグリーンインターナショナル
SDG‐Marine
チャージャーボートジャパン
ティムコ サイトマスター
ストラット
リバイブ

に感謝申し上げます。

 

 

ちなみにギズモは#04バッタと#06スズメバチを
ローテーション。

理由は弥栄ダム周辺でカマキリとスズメバチ多く見かけたため
でした。

とくにカマキリは泳いでいる姿を何度か目撃していました。
ハリガネムシの仕業ですかね・・・笑

 

 

ボートはクイントレックスV12

「バスプロ」となった年からの相棒。
エレキ戦仕様でデッキその他レイアウトは自分で
使いやすいよう製作しました。

エレキは前後ブラッシュレーサ、エヴォルテック36V。
フロントにはハミンバード360メガ、ライブスコープ、
K‐Customローテータを装着し安全に乗り降りできるよう
スッテップを取り付けたエレキ戦スペシャルです。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
1 2 3 4 5 6 48