2014.04.17(木)
カテゴリー:アイテム

サイトマスター

バスフィッシングに必要なものといえばロッドやルアー
といった「バスを釣るためのモノ」があリます。

しかし、それと変わらないくらい必要なモノ・・・それは

偏光サングラス」です。

 

 

今、使っているのはサイトマスター「ワンエイティマッハBK/グリーンPRO
というモデルでレンズは「ライトグレー/シルバーミラー」を主に使っています。
他にはスーパーライトブラウン、イーズグリーン、
NEWカラーのイーズグリーン/シルバーミラーというレンズがあります。

僕の考える偏光レンズの使い分けというのはTIEMCOホームページの
サイトマスタープロカラーシリーズ」を参考にしてください。

 

偏光サングラスを使う理由というのは主に二つ。

 

 

一つは、バスを目で見て釣るサイトフィッシングを行うためなのですが、
その際にバスが身を寄せているであろうストラクチャー、ベイトフィッシュの存在
など、状況を判断し水中の様子を見るというもの。

 

 

もう一つが、目の保護。
ルアーフィッシングによくある引っかかったルアーを外す時や
魚とのファイト中にルアーが外れた時に飛んでくるルアーから
目を守るというものです。
また、日差しや湖上などの照り返しから目の疲れを軽減してくれます。

 

バスフィッシングに限らず釣りに行く場合には必ず持っていく
アイテムの一つです。

 

偏光サングラスに限らず他にもバスを釣るために必要な「こだわりのアイテム
というのがあるので、このブログで紹介したいと思います。
 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2014.04.09(水)
カテゴリー:トーナメント

JBTOP50開幕戦 七色ダム

2014年TOP50シリーズ開幕戦を終えました。

結果は21位。

 

 

3月から始まった今回の七色ダムでの8日間に及ぶプラクティス。
その中で僕が最も重要だと考えている「鍵となるバス」を見つけられなかったというのが
この結果だと思います。

この鍵となるバスというのは、サイズや数ではなく「自分にとって価値のあるバス
といったもので、プラクティスだけではなく試合中にも見つけることができるバスなのですが、
今回の試合では見つけられませんでした・・・

 

 

試合内容ですが、メインは西の川、北山川のバックウォーターでのサイトフィッシング。

冷え込みやプレッシャーで想像以上に見えバスの数は少なく
他の選手と数少ないバスを狙い合うという展開。

他のバスを狙いに行きたい気持ちはありましたが「見えていない」自分にその判断は
できず「押し通してしまった」といった感じです。 

 

 

このような試合は僕にとってはトーナメントを戦っていく上で勉強になり重要です。 

次の試合への「モチベーション」にするという考えや「気付かされる」ということ、
何より「この先の自分にはプラスになる」と思っています。

まあ「悔しい」ということに変わりはありませんが・・・

 

TOP50第2戦は茨城県北浦です。
その前に今週末のマスターズ第2戦の三瀬谷ダムを頑張ります。 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2014.03.26(水)

国際フィッシングショー閉幕

パシフィコ横浜で 開催された国際フィッシングショー。

 

 

エバーグリーンブースへお越しいただいた皆様ありがとうございました。

 

 

今年のフィッシングショーではエバーグリーンニューブランド「FACT」を
発表させていただきました。

また、エバーグリーンブース内には「秘密の部屋」を再現し、
実際に使用している道具やプロトロッド、ルアーなどを展示。

 

 

僕自身やFACTというブランドのモノづくりに対する姿勢や考えというものを
お伝えできたと思います。 

国際フィッシングショーの翌日には七色ダムでのプリプラ再開。

 

 

桜も咲いていよいよ春と言いたいところですが・・・
水中はそうでもありません。

後2日頑張ります。

 

 

僕が試合で使っているシマノ01ステラFW用のRMRスピニングハンドルが
オフィスZPI様より数量限定で販売。

カラーはゴールドとガンメタの2色、ハンドルの長さは55.5mmとなっています。

その他のコダワリは過去のブログで紹介していますので、
気になる方は参考にしてください。

  

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2014.03.20(木)

国際フィッシングショー2014

3月21(金)~23日(日)の3日間、パシフィコ横浜で
開催される国際フィッシングショー2014。

TOP50開幕戦七色ダムでのプリプラクティスの合間を縫って
1年に一度の電車移動で会場へ向かいます。

 

 

エバーグリーンブースでは「秘密の部屋」の中にニューブランド「FACT」で
開発中のロッドを展示。 

 

 

実際に手に取っていただけますので興味のある方はエバーグリーンブースの
秘密の部屋へお越しください。 

セミナースケジュール
22日(土)13:00~ 
23日(日)13:00~
エバーグリーン、バスセミナーステージで行います。 

 

TOP50開幕戦プリプラクティス。

 

 

七色ダムでは「Ts-ON」から出船です。

 

 

プラクティス中に気付いたことがあれば車に戻ってタックルを組み換え
ルアーを補充し「七色ダム仕様」に「タックルも自分自身も」変えていく必要が
あります。

トーナメントでは「季節の進行」と「プラクティスの進行」を同時に考えながら行う
必要があり、期間中は1日も気が抜けない状態が続きます。

 

横浜ショーでの期間中「僕が遠くを見ていたら」七色ダムのことを考えているので
そっとしておいてください・・・というのはウソです。

それでは会場でお待ちしてます。
 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2014.03.12(水)
カテゴリー:プラクティス, FACT

準備・・・

シーズン開幕へ向けて準備、準備、準備・・・
の日が続いています。

というのも3月14日のマスターズ開幕戦の河口湖から始まり、
翌日からそのままTOP50開幕戦七色ダムのプリプラへ・・・

プリプラの途中で横浜国際フィッシングショーへ出向き
とんぼ返りプリプラ再開。 

更に、TOP50開幕戦の翌週にはマスターズ第2戦の三瀬谷ダム(エレキ戦)
があり、その準備もしておかなければなりません。

3月14日からの1か月間に3試合・・・
フィールドも違えば使用するボートやタックルも違い、それらの準備を
すべて、河口湖に出発するまでにしないといけないのでまあまあ大変です。

通常のTOP50シリーズでのオフリミットの期間は12日間ですが、
今回の開幕戦は4日間へ変更とのこと。

しかも、いつもはオフリミットの期間に秘密の部屋にこもり、
プリプラクティスで「感じたこと」「気付いたこと」をもとに
その試合で必要なロッドやルアーを「試合専用」に作っていましたが、
今回は日数が少ないので必要になりそうなモノも今のうちに準備して出発です。

 

 

大変ではありますが、頭の中をトーナメントモードに切り替えるには
欠かせない作業でもあります。 

 

何とか準備も終えて、今日は「FACT]関係の打ち合わせや
水槽でのルアーテストのためにエバーグリーンへ・・・

 

 

 

菊元さんもこれからロケに出発するようで「準備中」でした。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません