「ボート」 のアーカイブ

2014.05.25(日)

北浦プリプラクティス終了。

TOP50第2戦北浦でのプリプラクティスを終え一時帰宅中。

そして、プラクティス中に気付いたことや試合で必要なモノの
準備をしているところです。

 

 

広大な水域が広がる北浦・霞ヶ浦水系での練習は毎日が新鮮。

前の日の練習の続きではなく「その日、その日でリセットする」という考えで
練習しています。

 

 

バスが釣れても釣れなくても」色々な意味での練習です・・・

 

便利なアイテム

 

 

前々から取り付けたいなと思っていたランチング用のステップを
ABCの伊藤さんにお願いして作っていただきました。 

 

 

これで一人でランチングする時やボートの乗り降りがかなり楽になって
安全です。 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2014.02.01(土)

フィッシングショーOSAKA2014

2月8日、9日はフィッシングショーOSAKA。

 

 

僕は2日間ともエバーグリーンブースに居ます。
何か聞いてみたいことがある方はブースへお越しいただければ
アドバイスさせていただきます。

セミナーは9日(日曜日)の11:00~エバーグリーンのステージでさせて
いただきます。

今回も「マニアック」な話になると思いますが・・・
興味のある方は是非お越しください。 

 

シーズン開幕へ向けての準備中。

色々な物を準備していますが、TOP50初戦七色ダムで使うボート
サウザー395を久々に引っ張り出して来てメンテナンスとカーペットの
張替をしました。

 

 

エレキやパーツ類を外し・・・
カーペット、ステッカーを剥がして・・・

と、自分でやるのは大変ですが、ボートやパーツ類の構造や取り付け方を
知っていれば何かあった時でも対応できるので
自分でできることは自分でやっています。

何でも自分でやりたい性格なもんで・・・
(ちなみにバスボートのカーペット張替はもっと大変でした)

 

 

船体の方はOK。

あとは、エンジンかかるかな・・・?

まだまだ準備は続きます・・・


コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.11.14(木)
カテゴリー:プラクティス, ボート, 未分類

プリプラ終了。オフリミット

 クラシックのプリプラを終了しました。

 

 

この時期の北浦はあまり経験がなかったのですが、少しづつ合わせて
いくようなプラクティスを進め、この時期の北浦に「体をなじませる」ような感じで
プラクティスを終えました。

今回のクラシックのような試合は、通常のシリーズ戦と違い
「優勝だけを狙う試合」であり、そのために伴うリスクは覚悟の上で思い切った
戦略を組むこともできるので、今年最後の試合を全力で行きたいと思います。

 

オフリミット

 

 

TOP50戦と違いクラシックはマスターズ戦と同じ4日間のオフリミットが
あります。
その期間は茨城県に滞在し、ボートのメンテナンスや掃除、タックルの整理を
しながらゆっくりと体を休めることができました。

 

そして・・
菊元さんブログでも紹介され、前々から機会があれば行きたいと思っていた
ヒラマサ」にチャレンジ。

 ABCの伊藤さん、WBSの小田島さんと共に鹿島港へ・・・

 

 

来ました!ヒラマサ!

 

 

久々に海の魚のパワーを体感することができ、釣りを楽しめました。
伊藤船長ありがとうございました 。
小田島さんお疲れ様です・・・

これで気持ちよく試合に集中することができるかな?
明日は直前プラクティスです。 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.03.12(火)
カテゴリー:タックル, ボート

今週末は、JBマスターズ初戦。

いよいよシーズン開幕です。

JBマスターズの初戦は河口湖。

 

 

毎年のように来ている湖、そして富士山。

TOP50、マスターズシリーズとダブルエントリーしている自分の
開幕戦はこの河口湖戦になることが多い。

どのシリーズでも初戦はかなり重要になるので気が抜けません。

まずは一年間使用するバスボートから準備です。 

 

 

ストレージを開けて乾燥。

そして、タックルの整理。

河口湖はソフトルアーの使用禁止なのでボートから降ろしますが、
通常、ストレージの中ではワームを下側に、フックやシンカーを上側に整理しています。 

 

 

ここで注目してほしいのはフックケース、シンカーケース、小物類などをを入れている
透明のプラスチックケース。(上の写真の左側)

このプラスチックケースとストレージ内にレールを取り付けて
左右にスライドするようにしています。(写真下)

 

 

 

スライドさせることで下のワーム類も取り出しやすくなり、時間に限りがあるトーナメントでも
効率よくリグる」ことができるようになります。 

このように「なんでも自分が使いやすいように手を加える」のが福島流。
(この他にも色々ありますがまた別の機会に紹介します。) 

 

 

さらに、近くの野池で今回の試合で使うルアーの動きをチェック。
道具類(リューター、ヤスリなど)を持って行き、細かな調節をして終了です。

 

先週は、サンテレビ「The・Hit」の撮影で旧吉野川に行ってきました。

 

 

「早春のバス攻略」
放送は3月27日です。
よかったら見てください。 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません