「ボート」 のアーカイブ

2019.04.22(月)

マスターズ第2戦 ブラッシュレーサ&リチウムバッテリー

三重県三瀬谷ダムで開催されたマスターズ第2戦
終了しました。

総合成績は46位・・・

初日ノーフィッシュ
2日目3匹924g

1匹が大事な試合でやはりミスは許されないですね。

 

 

ここ数年マスターズ第2戦は三瀬谷ダムで開催されています。
年に一度使用するアルミボートを準備することから始まります。

チャージャー198エリート、サウザー395、クインとレックス12と
3台のバスボートを試合で使用しています。

 

 

今となっては必須アイテムとなったライブスコープも
アルミボートに取り付け。

 

 

昭和電機さんにブラッシュレーサ36vリア仕様を用意して
いただきました。(昭和電機ブラッシュレーサ

本来はTOP50開幕戦の弥栄ダムで投入しようと思って
いましたが、減水のため七色ダムへ変更になり
今回のマスターズ三瀬谷戦で初投入となりました。

 

 

更にリチウムバッテリーも用意していただきました。
エヴォルテック社のグリーンライン12225 12v75Ahを
豪華に6台、これでも普段使っているバッテリー3台くらいの
重さしかありません。

やっぱり軽いです。

えー・・・値段は・・・です。
さすがに自分で用意することはできません!!!

昭和電機グループ様には万全の体制でサポートして
いただいています。

興味がある方は調べて下さい。(エヴォルテックジャパン

 

 

実際使用したインプレですが、ブラッシュレーサ&リチウム
バッテリーは今まで使用していた前後24v仕様のエレキより
かなり速かったです。

試合初日のスタート競争では1番でした。
(TOP50ではそうはいきませんが・・・)

 

 

ホテルへの持ち込みも軽くて楽、充電も1~2時間で終了。
使用後に電圧をチェックしても13v前後を常にキープして
いるので後半のスピードが遅くなるという感じはなかったです。

 

 

ということでインプレをしたところで試合は終わりましたが(笑)

今後、開催されるかもしれないエレキ戦で使用する
ブラッシュレーサ&リチウムバッテリーは有利になることは
間違いなさそうです。

次に使うのが楽しみです。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.11.29(水)
カテゴリー:ボート

CHARGER BOATS

チャージャーボートジャパン様とスポンサー契約をさせて
いただきました。

今まで使用してきたバスボートはレンジャーR81
というモデル。
ロッドやリールなど自分の体に染みついている道具の一つ。

8年近く使用していただけに、自分の思い通りに操作でき
使い慣れたバスボートだったので・・・

今回のお話をいただいて、ものすごくありがたい
お話だったのですが、これから自分がトーナメントで
使用することを考えると色々と見ておきたい部分も
あったので(生意気を言ってスミマセン)
実際に自分の目で見るまで契約を待ってもらってました。

 

 

試乗してきたチャージャーボートは210ELITEというモデル。

※僕が乗る予定のボートは2018年リリース予定の198ELITE
というモデルです。

静止安定性、走破性、ハンドリング、エレキの操作性などを
チェック。
(走破性はやっぱりチャンピオンだな~と実感)

仕様・装備なども申し分なく良いボートだと体感。
そして、その場で契約をさせていただきました。

サポートしてくださるチャージャーボートジャパン様に
感謝申し上げます。

来シーズンはCharger Boatsでトーナメントをトレイルさせて
いただきます。

 

僕なりのインプレです。

 

 

コンソール前方です。
ロッドを並べても十分な広さがあります。
シンプルで使いやすそうです。

しかも、カーペットの下すべてにクッション素材が張られて
いるので、脚の疲れは軽減されます。

 

 

フロントデッキ周辺も広く、エレキペダルの横に立っても
十分な広さがあります。

足元のスペースを確保したい自分にとってこの広さは
いいですね。

 

 

ストレージも十分な広さ、ほとんどのストレージ内
(ライブウェル含む)にLEDライトが装備され、
朝夕のうす暗い時には助かります。

また、センターストレージは二重構造になっています。

 

 

センターステップの下にはクーラーBOX。
飲み物、食べ物、小物入れに。

 

 

キーパースケール。
日本仕様へ改良するかも?とのことです。
(まだわかりません)

 

 

すぐに取り出したいハサミやペンチなどを収納する
ツールラックも邪魔にならない所に収まっています。

 

 

あると嬉しい小物入れNo.1

 

 

悪天候時もしっかり踏ん張れるフットレスト。
位置やサイズもいい感じです。

 

 

コンソール周りです。
豪華すぎる魚探は置いといて、足元のスペース、スイッチや
メーター類はシンプルで使いやすそうです。

 

 

船体の4ヶ所以外にコンソール横にクリートが一つ取り付け
られています。(計5ヶ所)

桟橋にボートをつける際、すぐに桟橋とボートを仮固定する
ことができ非常に便利です。

 

 

コンソール後方です。

えーと、広いです。
フロント側からの移動もしやすいです。

後方で釣りをされる方もカーペットの下にクッション材が
張られているので、脚の疲れは軽減されると思います。

 

 

バケットタイプのシートはホールド性も良くシートヒーターも
装備されています。

 

 

左右シートのセンターにあるステップはしっかりとした
作りになっています。
ステップの下には収納スペースがあります。
あると嬉しい小物入れNo.2

 

 

ドリンクホルダー&あると嬉しい小物入れNo.3

 

 

大型のリアストレージが左右に装備されています。
写真左下にある黒い点の様なものがLEDライトのスイッチです。

ストレージを開けると点灯します。

 

 

ライブウェルは左右独立タイプ。

オキシジェネーター酸素供給装置が装備されています。
僕も使っていますが、バスが弱った時や長時間の移動などに
使用しています。
オキシジェネーターが有るのと無いのでは安心感が全然
違います。

LEDライト付きです。

 

 

バッテリールームです。

真ん中の蓋を跳ね上げるとポンプ類が収められています。
メンテナンスもしやすそうです。

 

 

シャローウォーター・プレーニング・ボートセッティング・
悪天候時に便利な油圧ジャックプレート。
(写真はベラード専用、デカイです)

 

 

試乗した210ELITEにはマーキュリーVERADO300Proが
搭載されていました。

スーパーチャージャー搭載!
圧倒的なパワーは勿論、低振動と静粛性がヤバイです。
アイドリング時のエンジンの音が・・・無。

また、電子制御のパワーステアリングは悪天候時の負担をかなり
軽減できそうです。
ハンドリングはスピードに関係なく軽いです。

198ELITEが日本に到着次第また報告したいと思います。

 

チャージャーボートジャパン公式ブログ コチラ

チャージャーボートジャパン公式サイト コチラ

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.07.19(水)
カテゴリー:プラクティス, ボート

マスターズ プリプラ

マスターズ第3戦のプリプラクティスで、
茨城県に滞在しています。

 

 

マスターズ霞ヶ浦戦ではいつも
ABCアズマバスボートクラブさん
でお世話になっています。

 

 

久しぶりのバスボートは最高!

広大なフィールドの霞ヶ浦も最高です。

 

 

ただ、暑い・・・

めちゃくちゃ暑いので、暑さに体を慣らす(熱中症対策)意味で
2日間のプリプラを行ないました。

 

 

プリプラ最終日はBBQ。
大阪・さざれの味をABCで・・・やっぱり美味い。

角野さんありがとうございました。

 

 

オフリミットは霞に滞在。
ABC伊藤さんにトレーラーを加工してもらっています。

なんか毎回スミマセン。

 

 

そして、コインランドリーで洗濯。

明日も暑くなりそうです。


コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.07.03(月)
カテゴリー:トーナメント, ボート, ㊙部屋

準備。

TOP50第3戦七色ダムに向け
いつもの準備です。

 

 

まずはエンジンのギアオイルの交換から・・・
その他にボルト・ナットの増し締めや船体のチエック。

 

 

プロペラのチェックではラインが絡んでいました。

エレキのペラもですが、ラインの絡みはトラブルにつながるので
注意が必要です。

 

 

釣り具店へ・・・

必要なモノを購入。

 

 

そして部屋での作業。
途中色々と脱線しながらでしたが・・・

これで試合に向けての準備は終了。

 

準備をすればするほど安心できモチベーションを上げ
集中できます。

今週末はTOP50第3戦七色ダムです。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.05.05(金)
カテゴリー:アイテム, ボート, FACT

G.W

GWはアルミボートの修理&メンテです。

琵琶湖時代から始まり長年使っているので、
船底はバキバキ・・・

 

 

エンジンが使える状態ではないので、エレキ戦専用艇として
使用しています。

 

 

先ずはボートを裏返して船底のクラックを修理。

アルミ板、金属パテ、FRPを使い浸水していた数ヶ所を塞ぎ
ました。

ついでに船体の塗装もしてみました。

 

 

河口湖航行届、旭川ダム、東条湖と思い出深い
ステッカーを剥がし・・・

 

 

下地処理を施し・・・ 

 

 

マスキングをして塗装・・・

 

 

完成。

道具を揃えていたので作業はスムーズでした。
(やっぱり道具は大事です)

 

 

夜はプロトロッドの製作です。

 

 

パーツをカット、細かいようですが「自分で使うモノ」なので、
自分が一番使いやすいように毎回セッティングしています。 

同じブランクスでもガイドのサイズやセッティングによって
ロッドの方向性が変わってくるので、一番いいところを見定めて
作っていきます。

 

来週からは弥栄ダムでのプリプラクティス開始です。 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません