「アイテム」 のアーカイブ

2019.12.02(月)
カテゴリー:アイテム, ルアー, FACT

グランサーチャー55

FACTグランサーチャー55が発売されました。

 

 

オリジナルサイズの65mmから55mmへサイズダウン
させたモデルです。

グランサーチャーのコンセプトである
「よく飛び、潜り、広大なエリアをサーチできる波動を
抑えたクランクベイト」をサイズダウンすることで、
より一層フィネス化させたクランキンシャッド。

また、クランキンシャッドに求めているスピーディーに
水を切っていく感覚」がサイズダウンさせることでより
鋭く鮮明になりました。

フィネスとはいえベイトタックルで扱うことができる
充分なキャスタビリティを確保しています。

ちなみに釣り情報検索サービス「アングラーズ」にて
FACTグランサーチャー55発売記念大会が開催されて
います。

 

 

特別賞はオリジナル塗装のグランサーチャー55の
「トーマンカラー」です。

自分用にもトーマンカラーのルアーを作らないと・・・

これからは巻物が面白くなる低水温期になりますね。

 参加されている皆さん頑張ってください。

 

カラーは8色

#25キンクロ 

#125クラウン 

#217スパーワカサギ 

#268スパークリングライム

#280マジワカサギ

#359マイティークロー

#371ブラッディクロー

#602ビックバイトチャート

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2019.06.13(木)
カテゴリー:アイテム, ボート

SDG-Marine

福岡県の遠賀川でのプラクティス?を
終え、マスターズ第3戦が開催される
茨城県の霞ヶ浦へ・・・

 

 

バスボートが降ろせないくらいの減水。
自然が相手なのでどうしようもありません・・・

 

 

帰りは昭和電機さんのご厚意で初フェリーを満喫。
寝て起きたら大阪に到着と快適な船旅でした。

 

 

11日はSDG-Marineさんでチャージャー
198ELITEをアップグレードしていただきました。

 

 

フロント魚探の増設。

ハミンバード へリックス12 チャート/メガダウン/2D
ハミンバード へリックス12 360°イメージング
ガーミン GPSMAP XVS10 ライブスコープ

リア魚探は変わらず

ハミンバード へリックス12 チャート
ハミンバード へリックス12 メガサイド/メガダウン/2D

 

 

魚探増設に伴いバッテリーを追加。

エンジンクランキング/アクセサリー用 オプティマブルートップ
ウルトレックス112 エヴォルテックEV-12225×3
前後魚探 エヴォルテックEV-12225

バッテリーは5台ですが、合計重量は70kgくらいです。

 

 

エンジンオイルとギアオイルも交換して
いただきました。

 

 

魚探、配線パーツ類、バスボート関連の商品は
見ているだけで楽しいです。

 

 

トーナメント関連の商品は僕も使っている
クリップ式のマーカー。

バスの下アゴに挟むだけで簡単で確実です。

 

 

クリップマーカー用の天秤。

 

 

デジタルスケールは数字で表示されるので
わかりやすいです。

アメリカにはまだまだ知らないアイテムがたくさん
ありそうです。

 

 

 完璧なサポート体制には感謝しかありません。

あとはバスを釣るだけです・・・

ありがとうございました。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2019.04.22(月)

マスターズ第2戦 ブラッシュレーサ&リチウムバッテリー

三重県三瀬谷ダムで開催されたマスターズ第2戦
終了しました。

総合成績は46位・・・

初日ノーフィッシュ
2日目3匹924g

1匹が大事な試合でやはりミスは許されないですね。

 

 

ここ数年マスターズ第2戦は三瀬谷ダムで開催されています。
年に一度使用するアルミボートを準備することから始まります。

チャージャー198エリート、サウザー395、クインとレックス12と
3台のバスボートを試合で使用しています。

 

 

今となっては必須アイテムとなったライブスコープも
アルミボートに取り付け。

 

 

昭和電機さんにブラッシュレーサ36vリア仕様を用意して
いただきました。(昭和電機ブラッシュレーサ

本来はTOP50開幕戦の弥栄ダムで投入しようと思って
いましたが、減水のため七色ダムへ変更になり
今回のマスターズ三瀬谷戦で初投入となりました。

 

 

更にリチウムバッテリーも用意していただきました。
エヴォルテック社のグリーンライン12225 12v75Ahを
豪華に6台、これでも普段使っているバッテリー3台くらいの
重さしかありません。

やっぱり軽いです。

えー・・・値段は・・・です。
さすがに自分で用意することはできません!!!

昭和電機グループ様には万全の体制でサポートして
いただいています。

興味がある方は調べて下さい。(エヴォルテックジャパン

 

 

実際使用したインプレですが、ブラッシュレーサ&リチウム
バッテリーは今まで使用していた前後24v仕様のエレキより
かなり速かったです。

試合初日のスタート競争では1番でした。
(TOP50ではそうはいきませんが・・・)

 

 

ホテルへの持ち込みも軽くて楽、充電も1~2時間で終了。
使用後に電圧をチェックしても13v前後を常にキープして
いるので後半のスピードが遅くなるという感じはなかったです。

 

 

ということでインプレをしたところで試合は終わりましたが(笑)

今後、開催されるかもしれないエレキ戦で使用する
ブラッシュレーサ&リチウムバッテリーは有利になることは
間違いなさそうです。

次に使うのが楽しみです。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2019.01.15(火)

ZPI

 

2003年JBワールド(現TOP50)シリーズ第4戦
芦ノ湖。

オフィスZPI代表加藤さんから「どんなリール使っているの?」
「よかったらうちがチューンしたリール使ってみない」と
声をかけていただいたのが、長年にわたりスポンサード
していただくきっかけでした。

しかし、2019年度よりリールチューニングパーツメーカーから
釣り具の総合メーカーへと業態変更されるということで、
2018年をもちましてスポンサー契約を終了することに
なりました。

 

 

自分専用にカリカリにチューニングされたリール・・・

使用するルアーによってロッドを使い分けるように
リールもルアーに合わせて使い分けれるよう微妙な
セッティングをしていただいていました。

 

 

試合で使用するロッド、リール、ルアーは
すべて「一軍」のモノを使いたい、余計なストレスは
なるべく排除したい。

とくに、一日中キャストを繰り返すリールにはキャスト時の
「自分の癖」なども取り入れてもらったセッティングをして
いただいていました。

 

 

「個性や性格」があるリールをひとつひとつ仕上げていただき
「僕自身のバスフィッシング技術の成長に大きく貢献してくれた」
こということは間違いありません。

 

 

また、僕のわがままを聞いていただき、すでに製造が終了
しているリールのカスタムパーツの販売。
オーバーホールと修理もしていただきました。

 

 

優勝をはじめ多くの上位入賞に貢献してくた
「ZPIチューンリール」。

長年にわたりスポンサードしていただきありがとうございました。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2018.03.31(土)
カテゴリー:アイテム, タックル

LDマスター

がまかつから僕がプロデュースさせていただいた
オフセットフック「LDマスター」が発売されました。

 

 

「LD」とはリーダーレスダウンショットの略。
リーダーレスダウンショットリグを使用することを前提に
追求したフックです。
(勿論、テキサスリグやノーシンカーリグにも使えます)

釣れるフック」をコンセプトに開発。
ワームとの一体感やワームのコンセプト、その能力をを
最大限に発揮できるためのフックが欲しくプロデュース
させていただきました。

 

 

サイズは#1、1/0、2/0、3/0、4/0の5サイズ。

T.G.W(トーナメントグレードワイヤー)、
ナノスムースコートを採用。
線径を従来のオフセットフックより太めに設定し、
剛性を上げることで「刺さりやすく強いフック」に
仕上げました。

 

 

 その特徴ですが・・・

 アイは通常のフックよりもかなり大きめです。
これによりリーダーレスダウンショット使用時の
「自由度」を上げストレスをなくし安定させています。

フロントのシャンクを長く、クランク部は角度をつけ
ワームのホールド性を上げています。
また、フロント側のゲイブ幅を狭くし、更にシャンクの
部分をストレートにすることで、ワームの横倒れを
抑えています。

 

 

参考までに、
従来のオフセットフックとLDマスターの差はこんな
感じです。
(#3/0)

 

 

ボトムでの姿勢を追及。

姿勢が良い状態を続けることができるので、
ボトムを這う甲殻類の自然な状態を演出できます。

後方からのバイトや前方からのバイト、360度
全方向からのバイトにラージアイがスムーズに対応。

また、バイト~フッキング時にも姿勢がいい状態が
続くため上アゴのセンター付近にフックングできる
ことが多くバラしにくいということがあります。

 

 

FACTフラップクローは大きな爪が特徴ですが、
更にその爪をワームのセンターラインより下方向へ
膨らませることで、フックがセットされた状態でも
ワームを安定させ横倒れしにくいという特徴を
目的をもったデザイン」として作りました。
(自賛・・・)

 

 

写真上はLDマスターと従来のオフセットフックを装着
した例。

「見た目」もそうですが、姿勢が大事ということがよく
わかります。

 

 

がまかつLDマスター

 製品詳細はこちら

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません