「アイテム」 のアーカイブ

2018.03.31(土)
カテゴリー:アイテム, タックル

LDマスター

がまかつから僕がプロデュースさせていただいた
オフセットフック「LDマスター」が発売されました。

 

 

「LD」とはリーダーレスダウンショットの略。
リーダーレスダウンショットリグを使用することを前提に
追求したフックです。
(勿論、テキサスリグやノーシンカーリグにも使えます)

釣れるフック」をコンセプトに開発。
ワームとの一体感やワームのコンセプト、その能力をを
最大限に発揮できるためのフックが欲しくプロデュース
させていただきました。

 

 

サイズは#1、1/0、2/0、3/0、4/0の5サイズ。

T.G.W(トーナメントグレードワイヤー)、
ナノスムースコートを採用。
線径を従来のオフセットフックより太めに設定し、
剛性を上げることで「刺さりやすく強いフック」に
仕上げました。

 

 

 その特徴ですが・・・

 アイは通常のフックよりもかなり大きめです。
これによりリーダーレスダウンショット使用時の
「自由度」を上げストレスをなくし安定させています。

フロントのシャンクを長く、クランク部は角度をつけ
ワームのホールド性を上げています。
また、フロント側のゲイブ幅を狭くし、更にシャンクの
部分をストレートにすることで、ワームの横倒れを
抑えています。

 

 

参考までに、
従来のオフセットフックとLDマスターの差はこんな
感じです。
(#3/0)

 

 

ボトムでの姿勢を追及。

姿勢が良い状態を続けることができるので、
ボトムを這う甲殻類の自然な状態を演出できます。

後方からのバイトや前方からのバイト、360度
全方向からのバイトにラージアイがスムーズに対応。

また、バイト~フッキング時にも姿勢がいい状態が
続くため上アゴのセンター付近にフックングできる
ことが多くバラしにくいということがあります。

 

 

FACTフラップクローは大きな爪が特徴ですが、
更にその爪をワームのセンターラインより下方向へ
膨らませることで、フックがセットされた状態でも
ワームを安定させ横倒れしにくいという特徴を
目的をもったデザイン」として作りました。
(自賛・・・)

 

 

写真上はLDマスターと従来のオフセットフックを装着
した例。

「見た目」もそうですが、姿勢が大事ということがよく
わかります。

 

 

がまかつLDマスター

 製品詳細はこちら

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.09.20(水)
カテゴリー:アイテム, プラクティス

バサーオールスタープラ

9月30(土)、10月1日(日)に開催される
Basser ALLSTAR  CLASSIC2017

プラクティスを開始しています。

 

 

広大なエリアを日々チェック。

間違いなく・・・すべてはチェックできませんが、
自分の経験だけを頼りに少しづプラクティスをしています。

 

 

水門で水位調整中。
車が通る度に爆音です・・・ビックリします。

 

 

白いソウギョ、台風後の増水でシャローにはソウギョが多いです。

釣りをしていると、たまに驚かしてしまいますが、
こっちの方がビックリします。

 

 

練習漬けの毎日・・・
夕方になると一日が早く感じます。

 

 

長期遠征にはマッサージ器を持ち込んで疲れた体を
リフレッシュしています。

明日もプラクティスです。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.05.05(金)
カテゴリー:アイテム, ボート, FACT

G.W

GWはアルミボートの修理&メンテです。

琵琶湖時代から始まり長年使っているので、
船底はバキバキ・・・

 

 

エンジンが使える状態ではないので、エレキ戦専用艇として
使用しています。

 

 

先ずはボートを裏返して船底のクラックを修理。

アルミ板、金属パテ、FRPを使い浸水していた数ヶ所を塞ぎ
ました。

ついでに船体の塗装もしてみました。

 

 

河口湖航行届、旭川ダム、東条湖と思い出深い
ステッカーを剥がし・・・

 

 

下地処理を施し・・・ 

 

 

マスキングをして塗装・・・

 

 

完成。

道具を揃えていたので作業はスムーズでした。
(やっぱり道具は大事です)

 

 

夜はプロトロッドの製作です。

 

 

パーツをカット、細かいようですが「自分で使うモノ」なので、
自分が一番使いやすいように毎回セッティングしています。 

同じブランクスでもガイドのサイズやセッティングによって
ロッドの方向性が変わってくるので、一番いいところを見定めて
作っていきます。

 

来週からは弥栄ダムでのプリプラクティス開始です。 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.02.24(金)
カテゴリー:アイテム

E.G.UVカットグローブ

E.G.UVカットグローブが発売されます。

 

 

作シーズン使い続けたグローブ。
プラクティス~トーナメントで毎回使用してました。

リールのハンドルが擦れる人差し指の部分だけはすり減りましたが、
その他は問題なく使用してました。
(プロトだったので1セットしかありませんでした) 

 

 

グローブをする一番の目的は「日焼け止め」(手首まで)
それと同時に手を保護し暑い時には濡らしてクールダウン
することができます。

ストレッチ素材を使用しているのでピッタリとフットし
手のひらには穴が開いているのでパーミングもしやすいように
なっています。

 

 

グローブを使用するきっかけになったのは、2015年の4月頃・・・
プロトワーム(フラップクロー)を自作している時に自分の不注意で
左手の甲を「やけど」してしまい紫外線や細菌から手を守る目的で
市販のグローブを改造して使用していました。

 

 

それからグローブの「いい部分」が目立つようになりずっと
使用しています。

オールシーズン使えるグローブなので一度試してみて下さい。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2015.10.07(水)
カテゴリー:アイテム, ボート

魚探。

TOP50最終戦から導入した魚探。

 

 

ホンデックス HE-820 HE-840

今まで使っていたのが、フロントにHE-5700、リアにローランスHDS5
+ハミンバードサイドイメージ。

10年振り?くらいに魚探を買いかえました。

 

 

フロントにはHE-840に400Hzの振動子をセット。

前に使っていたHE-5700にも400Hzの振動子のみをセットしていました。
400Hzの振動子は他の周波数の振動子に比べれば魚探画面に映る映像は
やや寂しいところではありますが、確実に船の真下の映像を映してくれるので、
沈み物やシューティングでのバスの正確な位置を把握するのに使っています。

 

 

リアにはHE-820に200Hzの振動子をセット。

リンクケーブルをセットすることでポイントのマークが楽になりました。
(今更ですが・・・)

もう一つの今更は、ヘディングセンサー。

マークしたポイントに対しての自船の正確な位置(方向)がわかるので、
魚探画面だけを見ながらでもキャストできるぐらい位置関係が解ります。

もっと早く導入すればよかった・・・と思いました。

まだ、使いこなせていませんが、これからです。
 

コメント・トラックバックは受け付けておりません