1 2 3 4 5 6 52

「」 のアーカイブ

2023.10.17(火)

JBTOP50最終戦エバーグリーンCUP

2023年度JBTOP50シリーズ閉幕。

4月の奈良県七色ダムから始まったTOP50シリーズ。
最終戦の福岡県遠賀川で無事にシーズンを
終えることができました。

サポートしていただいているスポンサー様、
いつも応援していただいている皆様、
ありがとうございました。

 

 

最終戦となった「エバーグリーンCUP」。
プラクティスではストラクチャー依存型と回遊型の
バスを確認していましたが、一発の爆発力のある
護岸回遊型のバスを狙うと決め、いつも通りに準備を
して初日を迎えました。

 

 

七色ダム戦後から肘の調子がおかしい・・・
疲労がかなり蓄積しているらしくテーピングを
試したところめちゃくちゃ楽になりました。
もっと早く試せばよかった!

何をするにも様子を見るのが福島流・・・遅すぎる!

 

 

遠賀川はデッドスローエリアが長く上流エリアへ
行くには時間がかかるのとスタートが早かったので
朝一は上流へ・・・

 

 

笹尾川との合流周辺のカバーに入って
今回のメインルアー「スタビル」で丁寧に
何度も攻めました。

 

 

朝の2時間程で3匹のキロオーバーを運よく
キャッチしてメインとしている護岸回遊バス狙いへ。

しばらくしてスクールに出会い1500gと1400gの
バスを2投連続でキャッチしライブウェルに収めました。

このバスが狙いの回遊型。
いつどこで出会うのか・・・全く見当がつきませんが
僅か2分くらいの出来事、一瞬で3kg弱のウエイトを
叩き出せるハイリスクハイリターンな展開。
そんなバスを
探していくというのが今回のメイン
パターン。

その後1時までに2回の入れ替えを行い1200gの
バスをリリースした時点でこれ以上は自分の首を
絞めそうなのでストップフィッシング。

 

 

これ以上ない展開。
しかし不気味な展開。
なんか懐かしいような気持ちでもありました。

 

 

初日、5匹6、710gでトップウェイト!!

 

 

2日目。
狙うバスは決めているので初日と同じような
気持ちで迎えました。

 

 

初日と同様に上流からスタート。

 

 

覚悟はしていましたが「釣れない時間が過ぎていく」
ただ、焦りは全くない。
こんな展開になることが分かっていたような
自分自身の冷静さにビックリしました。

 

 

2日目ノーフィッシュ・・・

 

 

決勝当日の朝。
(怒ってるみたいですが・・・集中しているだけです)

 

 

朝は遠賀川へ来てから一番の冷え込み
昨日と状況が変わってくれるのが
唯一の希望・・・

 

 

この日も「決め打ちのケン」!!!

1時間あればいい・・・
10分でもいい・・・
いや2分あれば勝てると信じて・・・

 

 

最終日もノーフィッシュ・・・

バスプロとしては失格かもしれませんが、
一人の釣り人として勝負した結果なので
後悔はありません。
久しぶりに楽しく懐かしい試合展開ができ
記憶がなくなるほど集中している自分がいました。

この感覚を忘れなければ次は・・・

 

 

総合成績は5位。
最終戦を良い結果で終えれたので
悔しいですが良しとしておきます。

優勝は同じSDG‐Marineファクトリーチームの
山下君!!おめでとう!

 

 

年間成績は13位。
1年間応援していただいた皆様、
ご声援ありがとうございました。

 

 

2023年ワールドチャンピオンは「かじやん」!
おめでとう!!!

 

 

さて、今回のメインルアー「FACTスタビル」。
3日間これしかキャストしていません。
自分自身が作ったルアー。
その特性を最大限に活かして遠賀川のバスを
攻略しました。

 

 

まずスタビルの特徴ですが、リーダーレス
ダウンショットとラバージグを融合させてジグ
です。
フックとウエイトを交換できるシステム。
ワームサイズを選ばずセットできシンカーも
自由自在に選択できます。
フォール姿勢、ボトム姿勢を安定させ
浮き上がりを抑えたスイミングや垂直な
フォール姿勢というのが特徴です。

 

 

今回はスタビルのフォール姿勢に注目し
「釣れるフォール」を作りだしていきました。

キモは1.8gシンカー(RYUGI)とこの90度に
倒れる頭。
この面で水流を受けフリーフォールさせる
ことでナチュラルで不規則なスパイラル
アクションを演出するというというのが狙い。

軽いシンカーに変えたのは直線的な動きを
あえて避けるため。
トレーラーは比較的ボリュームがあるフラップクロー
4インチとベローズギル3.8インチ。
この2つをセットすることで見た目や微妙な
アクションの違いを使い分けました。

「スタビル」の可能性はまだまだありそうです。

 

 

今回、大変にお世話になったのが
ポイント八幡本店。

 

 

バッテリー充電と駐艇問題に悩まされましたが
株式会社タカミヤ様のご好意で遠賀川からも近く
ホテルにも近い良い環境が整った八幡本店で
プラクティス~試合までお世話になりました。

ありがとうございました。

 

 

今回のキーとなったフック・シンカーはここで調達。
色々なフックを試したかったので何度もお店へ・・・

釣り具店の近くに住みたい・・・

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2023.09.25(月)
カテゴリー:未分類

F1日本グランプリ

ずーーーっと観戦したいと思っていた
モータスポーツ最高峰の自動車レース
「フォーミュラ1」。

毎年スケジュールが合わず観戦を諦めて
いましたが、タイミングがあったので観戦する
ことに!

 

 

早々にチケットをゲットしてワクワクすること
数か月・・・ついにこの日が来ました。

 

 

開催サーキットとなる「鈴鹿サーキット」へ到着。
この日はフリー走行となる金曜日。
プラクティス1日目といったところでしょうか。
世界各国から多くのファンが押し寄せ賑わっていました。

金曜日は4万2000人が来場!

 

 

早速、観客席で待っていると目の前のメルセデス
エンジン動初!初F1サウンドに「おーーーーっ」
感動・・・

目の前を走るF1カーから聞こえるエンジン音や
車体を押し付けるダウンフォース?なのか風圧の音が
すごかった。

といった感じで感動の初日は終了。

 

 

2日目。
この日はフリー走行と予選。
F1開催と祝日ということもあり周辺のホテルは
どこも部屋は空いていません・・・

サーキットへは自宅から約2時間かけて車で通って
いました。
鈴鹿サーキット近くにあるREVIVEさんに車を
駐車させてもらい朝は送迎していただきました。

竹内君ありがとう!

 

 

目の前がTOP3チーム。
F1マシンにピット作業、
穴が開くほど見ていました(笑)

一眼レフカメラが欲しくなった瞬間です。

 

 

持ち物はサングラス、日焼け止め、目薬、
フリーズテック冷感ミスト。
一番よかったのは柏木さんに頂いた「SDGマリン・
バスキャット」ロゴが入ったイエティタンブラー。
朝自宅で氷を入れて帰宅するまで1日中冷たい
飲み物が飲めました。

 

 

せっかくなので空き時間に会場内を回ります。

日本人ドライバーの角田裕毅選手の応援
グッズを購入しようとショップへ。
レジでサングラスをしていたせいなのか?
外国人と間違われる・・・
ずっと英語で話しかけられるので



アー、カードOK?っと(外国人になりきる)
サ、サンキュー(小声)でショップを後に(笑)

何処の国の人に見えたのか・・・謎?!

2日目の予選が終了。

予選日の来場者数は7万9000人!

 

 

決勝当日。
朝からサーキットに行く人の長蛇の列!

ブルーインパルスの展示飛行も行われ
会場は大盛り上がり。

3日目にして完全にTSUNODAファンの人
完成です(笑)

 

 

いよいよレース開始!

F1はフジテレビNEXTで動画視聴していますが、
何時も見ていた情景が目の前に・・・感動!

 

 

何度も目の前を駆け抜けるF1カーを子供の
ようにずっと目で追っていました。

最高の3日間でした。

レッドブル・フェルスタッペン優勝。
決勝は10万1000人が来場!
3日間で22万人!やっぱりすごいねF1!

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2023.09.21(木)

JB TOP50第4戦 ケイテックCUP

桧原湖で開催されたJBTOP50第4戦ケイテック
CUP終了しました。

総合成績は18位・・・
2日間の予選6位から順位を下げる結果と
なってしまいました。

応援していただいた皆様、
ありがとうございました。

 

 

今シーズンのレギュレーションで直前5日間の
プラクティス1日のオフリミット。
約1か月前のプリプラクティス4日間と5日間の
計9日間桧原湖でプラクティスを行ったことに
なります。

「主な練習はライブシューティング」
今のトーナメントシーンに取り残されないよう
自分なりに理解しようと練習しているところです。

まだまだ練習量は足りません・・・

 

 

さて、肝心のプラクティス。
ライブシューティングの他には少し大きめのルアー
ラストエース128SのジグヘッドやC-4ジグ+フラップ
クロー3.3(イモチューン)への反応が良かったこと、
バイトも激しくサイズも良い感じました。

 

 

C‐4ジグ2.7gにフラップクローイモチューンは
今回キーとなったルアーの一つ。

お気に入り決定!

 

 

ということで、オフリミットではフラップクローイモを
気が済むまで製作していました。

 

 

初日。
天候は曇り~雨の予報。朝からバンクの回遊バスを
ラストエース45のライブシューティングで揃えC‐4ジグ
で入れ替えという展開。

 

 

5匹3,472g13位スタート。

 

 

2日目。晴れ
昨日と同じようにバンクの回遊からスタート。
すぐに釣れるがサイズが小さい。
2匹目以降バスの気配が消える・・・

この日は明らかにバイトが遠く、
晴れたせいなのか透明度も高く見える
C-4シュリンプ2.8のキャロにスイッチして
スローな展開。

 

 

5匹3,494g11位、予選6位で通過しました。

 

 

最終日。
昨日の感じでは僕のシューティングでは厳しそう・・・
C‐4ジグとキャロをメインに厳しい展開でした。

 

 

4匹、1,952g21位、総合成績は18位で
終了しました。

 

 

優勝は藤田夏輝選手。
お立ち台全員がライブシューティングでした。

今回の上位選手のインタビューを聞いて
思ったことは僕がライブシューティングについて
練習して身に着けようとしていることはすでに
習得し実践しているということですね・・・

まだまだ大きな差があると感じました。
もっともっと練習しないといけないといけません。

 

 

今回入賞した永遠と海輝に渡していた
ラストエース45、ラストエース128Sが大きく
貢献してくれました。

一人だけでガメていようかと思いましたが・・・(笑)
こうして結果を残してくれるのは素直に嬉しく
思います。

 

 

発売までしばらくお待ちを!

 

 

メインで使うルアーは時間短縮ということで基本的に
前もってこのようにセットしています。

カラーやウエイトも数タイプ・・・
これで1分くらいはリグる時間を短縮でき
釣りに費やす時間が増えます。

めちゃくちゃ大切です。

 

 

C‐4シュリンプ2.8インチ
シンカー2.5gキャロ

ラストエース45
0,6gホバスト

 

 

試合後はSDG‐Marine横利根ベースへ
バスキャット クーガー203ハイブリッドの
ライブウェルシステムを「Flow Rite」へ
アップデートしていただきました。

 

 

このシステムはライブウェル内に強い水流を
作りだすのと同時にエアホールから空気を
同時に取りみ酸素を安定して供給できる
というもの。
特に水温が上昇する夏場はトーナメント必須
アイテムになりそうです。

最終戦、遠賀川頑張ります。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2023.07.26(水)
カテゴリー:トーナメント, 動画

JB TOP50第3戦SDG-MarineCUP

2023年度JBTOP50シリーズ折り返しとなる
第3戦「SDG-MrineCUP」。

結果は35位で終了しました。

年間3戦までの成績は25位、
どんどん順位を落としています・・・

 

 

プラクティスではシェードを強く意識して
霞本湖を中心にバスを探し。

数は少ないもののサイズが良く
狙う価値はあるかなと本湖メインのプランで
試合当日を迎えました。

 

 

試合初日、これまでの晴天のプラクティスから
打って変わり曇り空で涼しい・・・

今思えば無風で曇り空ということで表層を狙い
すぎてしまったかなと少し反省・・・

 

 

霞ヶ浦本湖のアシ・ブッシュ・草のシェードを
バスエネミーのノーシンカーリグと野良ネズミで
ランガン。

 

 

初日はノーフィッシュ申告・・・
「全て打ち砕かれた」という心境でした。

 

 

2日目。
初日、霞ヶ浦本湖をやり切ったということで
北浦・下流方面へ。
この日はライトリグも場所によって投入しながら
2匹のバスをウエインで終了。

 

 

今回はプラクティスからカメラマンが同船。
この試合の模様はSDGタイムズで公開予定
です。
釣れない試合の心境・・・も楽しんでご覧くだ
さい(笑)

 

 

2日間でウエインしたバスは2匹!
「反省と練習」ですね。

 

 

試合後は恒例のタコ釣りで癒されます。

 

 

タコ釣りではリミットメイク!!

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2023.06.27(火)
カテゴリー:タックル, ボート, ルアー

ボートセッティング&準備

今シーズンから新たな相棒となった
「バスキャット クーガー203ハイブリッド」。

昨年から数回試乗して、気になるところを相談。
さらに使いやすいようSDGマリン琵琶湖ベースで
仕様変更をお願いしていました。

 

 

広いピットの中、揃えられた工具・・・
ボート好きには夢の空間。

 

 

作業終了の知らせを受け引き取りに・・・
ルアーの取り出し、収納、レイアウトを考えながら
さっそくタックルを積み込む作業開始!

 

 

気温36℃・・・

 

 

パラソル、サーキュレーターでなんとか耐える・・・

 

 

暑い日、飲み物はいつも多く用意します。
釣り場も同じ!

 

 

タックルの収納を終えスッキリ!

【簡単に仕様を紹介】

 

 

エレキはミンコタ・ウルトレックス36V112Lbs
ハミンバード・ターゲットロックを装備。

 

 

フロント魚探は
ガーミンGPSMAP8410XSV
ハミンバードHELIX10MDI
ハミンバードHELIX10MSI
計3台。

 

 

ラフウォーターでも安心してロッドを固定できるよう
ロッドテイマーはダブル仕様。

 

 

ロッドストレージは左側。
ロッドソックスは大量に用意しています。
30本以上は収納できます。

右側はライフジャケット、予備ライン、小物類、
ネット、パラソルなどなど大量に収納しています。

 

 

バスキャットボートの特徴でもある
モデルによって異なるストレージレイアウト。

クーガーはフロントに3つのルアーストレージが
用意されています。

前2つの左の小さい方は変えのトレブルフック。
右にはハードプラグを3700タイプのボックス10個
ルアー分けて収納しています。

 

 

メインストレージは主にワーム、フック、シンカー、
ジグ、ワイヤーベイト、ゴミ箱など、収納ボックスを
スライド式にすることで下のモノが取り出しやすく
スッキリ収納できます。

 

 

ステップ下のストレージは係留ロープとゴミ箱。
その下にはプライヤー、ハサミ、オエオエ棒を
差し込んでいます。

 

 

コンソール魚探は
ガーミンGPSMAP8410XSV
ハミンバードHELIX10MSI
計2台。

ステアリングが遠く感じたので
ボス交換で延長。
同時にトリムスイッチも延長していただきました。

 

 

リアストレージのレイアウトも特徴的なバスキャット
ボート。

 

 

左右のストレージには書類、セーブフェイス、
工具類、ジャンプスターターを積んでいます。

 

 

ライブウェルはかなり大容量ですね。
たくさん使いたい・・・

 

 

バッテリーシステムは
大容量のAGMバッテリー×2
インパルスリチウムバッテリー×2
パワーポールチャージと安心できる
仕様になっています。

TOP50後半戦はこのバスキャットで
頑張ります!!

コメント・トラックバックは受け付けておりません
1 2 3 4 5 6 52