2013.02.06(水)
カテゴリー:フィッシングショー

フィッシングショーOSAKA

2013年フィッシングショーOSAKAが閉幕しました。

会場に足を運んでくれた皆さん、エバーグリーンブースへお越しいただいた
たくさんのファンの方々、ありがとうございました。

 


僕は2日間の大半の時間、エバーグリーンブースでお仕事でした。

 

そんな中、2日(土)はティムコブースで
サイトマスタープロスタッフの青木大介、川村光太郎、福島健の3人でセミナーを行ないました。

本来、ファンのみなさんに聞いてもらうためのセミナーなのですが、
川村君とは初対面だったのと、
大ちゃんとは普通に話しはしますがコアな話しはしたことがなかったので
「レンズカラーの使い分け」や「バスの探し方」など
2人の話しを僕自身が楽しく聞かせてもらった感じです。 

 

 

 

3日(日)はエバーグリーンブースでセミナーでした。
昨年までと違い今年から一人でステージに立たせてもらうことになったので
正直、優勝がかかった試合より緊張したかもしれません・・・

内容は、僕が考える僕的な捉え方による「サイトフィッシングとは(イメージサイト)」、
「フィネスとは」、「食わせるためのテクニック」など。

そして、それらを踏まえたうえで「エリート5 での戦略や考え方(リズムクランキング)」などを
お話しさせてもらいました。

 

本当は言いたくない話しもあったのですが・・・
でも、それを楽しみにしているファンの方たちがいることを今回一人でセミナーを行って感じました。

僕も発信していく立場になり機会があれば今後このブログでも書いていこうと思っています。

   

ジャンケンビンゴでは無意識で➀を連発!!していました。(職業病か?)

 

次は国際フィッシングショー横浜でお会いしましょう。

  

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.01.29(火)

フィッシングショーOSAKAのお知らせ

今週末の2日、3日はフィッシングショーOSAKA2013。

 

2日間ともエバーグリーンブースにいます。

今年もEGプロステッカー福島verをプレゼントします。

コンプリートを目指している方、マニアックな話を聞きたい方は、

僕を見つけたら気軽に声をかけてください。

 

 

セミナーの予定は、2日(土)ティムコステージAM10:45~11:30青木大介、川村光太郎、

福島健の3人で行います。

 

3日(日)エバーグリーンステージAM11:00~12:00の予定です。

オフシーズンということもあり㊙部屋での作業も多くなってます。

 

 

散らかってますが、これぐらいがちょうどいい感じです。(?)

と、こんな話にも興味がある方はEGブースにいるので声をかけて下さい。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2013.01.25(金)
カテゴリー:トーナメント, ルアー

ご挨拶。エリート5

この度、ブログを開設させていただくこととなりました。
このブログでは、僕のバスフィッシングに対する思考や着眼点など、色々なことを
発信していきたいと思っているので、僕の声(ken’s voice)を聞いてもらえればと
思っています。   

                                                        

       1月25日   福島 健

 

エリート5

去年の11月に河口湖で行われたエリート5、クラシックと同様に優勝だけを
狙いにいく(いける)試合。この試合は優勝することがすべてであり、出場した全員が
同じことを思っていると思う。
結果は2位でしたが、このエリート5を楽しみにしている人や福島健ってどんな釣り
をするのか?と思っている人たちの前で、思いっきり釣りができたことだけは満足しています。 

                                                                                                                                                         

                                                                         

 

試合内容的には、釣りビジョンで放送されたようにシャローのサイトフィッシング、
ミドルレンジでの食わせ、そしてウィードアウトサイドエリアへのディープクランキングを
ローテーションするというもので、それぞれの釣りをミックスさせるというのがメインパターン
であり、釣り方ではなくタイミングや状況を読むということを意識していました。

 

サイトとミドルでの食わせに使用したのがC-4ジグ
 

 

 

      

この写真のC-4ジグ(2.2gミントグリーン)は実際に使用していたもので釣り方に合わせた
チューニングをしています。詳しくは別の機会に紹介します。 

 

そして、キッカーバス捕りとしていたディープクランキング。      
ただ巻くだけではなく、キャスト~リーリング~ウイードを切るなどの作業を一体化し、
釣れるリズムを合わせていくというリズムクランキング。
ちなみにルアーはすべて、コンバットクランク480のグラスギルというカラーでした。                             

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません