「タックル」 のアーカイブ

2016.09.04(日)
カテゴリー:タックル, 未分類, FACT

桧原戦に向け・・・

桧原湖でのプリプラクティス終え
色々と準備です。

 

 

帰ってすぐにロッドをいじりました。
プラクティスでの内容を考えながら、ガイドやセッティングなど
仕様を変えて進化させていきました。

より自分の「」にかなったロッド(ルアーも同じですが・・・)
を作っていくために、試合やプラクティスというのは最も大切です。

 

 

涼しくなった夕方には色々と考えながらチャリ・・・

 

 

2日にはエバーグリーンでミーティング。

毎回、頭がパンクしそうになるくらいみっちりとした内容・・・
テスト水槽ではいろんな発見があります。

 

 

昨日はZPIミーティング。

コチラのリールについてあれやこれや・・・と。

これからタックル整理、明日の夜には出発です。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2016.07.04(月)
カテゴリー:タックル, トーナメント

今週末・・・

今週末は、TOP50第3戦「七色ダム」です。

 

 

自然豊かな七色ダム。
大きな人工物といえば旧発電所くらいで、水際にはオーバーハング、
水中には立木が多く森をそのまま沈めたような所です。 

どんな結果になるかはわかりませんが、「いつもどうり」に
やるだけです。

 

 

準備完了。
明日には七色ダム入り、さらに準備です。

                          

 

 

最近、試しているNEWリール・・・

ダイワSTEEZ、ピュアフィッシングRevoMGX、
シマノNEWヴァンキッシュと新しいリールをフールドで使って
自分に合うモノを探しています。 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2016.04.01(金)
カテゴリー:タックル, FACT

HERACLES FACT 511MHST

4月中旬に発売予定となっているヘラクレス
FACT 511MHST。

 

 

昨年のTOP50第3戦旧吉野川での優勝に大きく貢献したロッドが、
FACT 511MHST。

 

 

試合の直前に自分で組み上げた最終プロトを実戦で投入し
結果を出すことができた思い出深いロッド。

 

 

最初にこのサンプルとなるロッドを作ったのは2011年。
それ以来シークレットなルアーと同様に「シークレットロッド」として、
実はずっと使い続けていました。

理由は圧倒的な「キャストアキュラシー」に「操作性」、それをいかした
スピーディーな接近戦パワーフィネス」ができるということ、
トーナメントという限られた時間の中で、「正確なキャスト
を繰り返すということは絶対なので・・・

このロッドはそれらを可能にし「武器になる」と思ったので、ロッドスペックなど
秘密にして使っていました。

特徴は5フィート11インチというショートレングスにMHSTという表記にもあるように、
ショートレングスでもがっちりとフッキングできる強さと狙いのスポットから
バスを引き離すパワーを兼ね備え、操作性やアキュラシーはソリッドティプ
を使うことで、小さいながらも「剛柔」の要素をうまく取り入れています。

 

コダワリ。

ガイドは軽いルアーでもラインの抜けがいいようにとトルザイトリングを使用。

 

 

リールシートはFuji ACSを使用しています。
いままでのFACTシリーズではECSのリールシートを使用していましたが、
コンパクトなベイトフィネス専用リールを使うことを前提に(僕の場合はレボLTX)
トリガー位置がやや前方にあるACSタイプのリールシートを使うことで、
ショートグリップでもバランスがよく、リールを包み込むようにパーミングができます。

 

 

そして、フォアグリップを無くし「段差ができるパーツ」を使用し、
リールシート本体とスクリューナットとをショート化することで、
フッキング時も指先に引っ掛かりを作ることで力が入りやすいように
しています。

このロッドを使用していて僕自身が感じたことですが、
スナップ」を効かしたキャストがしやすいので、
キャスト精度が上がり、キャストスピードが早くなったと感じました。

自分自身のキャスト性能を引き出してくれるロッドだと思います。

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2016.02.15(月)

THE KEEP CAST2016

2月20日(土)21日(日)に開催されるキープキャスト。

ものすごくマニアックな方には耳寄りな報告です。

僕が今使用しているベイトリール「旧レボエリート」、すでに生産は終了
しているリールなのですが、ZPIで僕用にフルチューンして頂いている
全く同じ仕様」のものを今回キープキャストZPIブースで限定販売する
ようです。

 

 

今もこのリールを使う理由は簡単「使いやすい」からです。
自分用にチューンしてもらっているというのもありますが、
僕が使いやすいと感じているパーミング&クラッチポジション、大きさ、
剛性、スプールへのタッチ感など、自分が使っていて「ストレスを感じない」 
ということで今も使用しています。

同タイプのリールでギア比やスプール径を変えて使い分けている
(わかりやすいようパーツのカラーを変え)というのも、
ストレスを感じない使いやすさになっていると思います。

※注)今回販売されるリールは限定「4台」のみということです。

順に紹介します。(写真は僕のリールです。)

 

 

 旧レボエリート改 ブルー仕様 右1台、左1台

主にジグ、テキサスリグ、リーダーレスダウンショットで使用
ベイトフィネスではなくカバーやパワー系のスタイルで使用

ギア比 8:1 
スプール NRC901M-LB  
ハンドル PG92D
ドラグ PSD11LB(右)PSD11RB(左)
ノブ ハイスペックノブM プロト
メカニカルキャップ MCR02P
ベアリング 防錆SIC1154×1034

 

 

 

 旧レボエリート改 レッド仕様 右1台

主にスピナーベイト、チャターベイトで使用
少し早く巻きたいクランクやシャッドにも使用

ギア比 6:4
スプール NRC901M-RR
ハンドル PG92D
ドラグ PSD11RR 
ノブ ハイスペックノブM プロト 
メカニカルキャップ MCR02R
ベアリング 防錆SIC1154×1034 

 

 

 

 旧レボエリート改(小径スプール) パープル仕様 右1台

主にクランクベイトに使用
6:4のギアに小径スプールでリトリーブスピードを調整(遅く)

ギア比 6:4
スプール NRC911MPS‐VO
ハンドル PG92D
ドラグ PSD11RP
ノブ ハイスペックノブM プロト
メカニカルキャップ MCR02P 
ベアリング 防錆SIC1154×1034

 

さらに、 僕専用にチューンしてもらっているのが・・・

 

 

センターフレーム肉抜き仕様

 

 

カムロックレス、軽巻チューン、スムースクラッチチューンを施してあります。

センターフレームの肉抜きは軽量化のために、
カムロックレスはラインの出をスムースにすることとサミングをしやすくするために、
軽巻チューンは素早いリーリングとリトリーブ時の抵抗(バイト)を感じるために、
スムースクラッチチューンは一連の動作(キャスト)の中でクラッチを切りやすく
スムーズにキャストするために、
僕がお願いしてチューンしてもらったものです。

未だに使っているステラFW01もそうですが、「コダワリが詰まった」ベイトリールです。
気になる方は是非1台・・・ 

 

数量限定4台とのことなので、お求めはお早めにお願いします。
特典としてリールにあったルアーとサイン色紙をプレゼント。 

当日の発売についての詳細はZPIブログ「ガレージトーク」をご覧ください。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2015.11.10(火)
カテゴリー:イベント, タックル, FACT

HFAS-61ULST

ヘラクレスFACTシリーズHFAS-61ULST
が12月中旬に発売予定です。

 

 

このロッドはヘラクレスシリーズにあるソリッドセンサー61ULSTを
FACT仕様に仕上げたロッド。

その違いは・・・

 

 

ブランクスはソリッドセンサー61と同じものを使用。

しかし、有効レングスを延長し、無塗装アンサンドフィニッシュを
することで、更に洗練されたブランクスに。

 

 

そして、グリップをFACT仕様に、ガイドを小口径 トルザイトリングへ変更し
「シャープな使い心地」なロッドに仕上げています。

シャープな使い心地というのは、スピーディーな釣りやルアー操作に強弱を
加えたアクションができるということ。

ソリッドセンサーとは、また一味違ったロッドになっていると思います。

 

気になる方は12月6日(日)PM13:00~18:00イシグロ中川かの里店さん
にて半日店長として店頭アドバイスさせていただきます。

詳しくはコチラ

 

 

 勿論、FACT61ULSTその他実際に使用しているタックルも持参します。 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません